グッチ、シャネル、ヴィトンの華麗な社会貢献

奨学金、女性支援から環境問題まで

 おしゃれなモデルに派手なセレブ、ファッションピープルであふれるにぎやかなパーティ……。映画や雑誌で見るファッション業界の華やかなイメージは、人々を魅了してやまない。一方で、そのきらびやかなイメージの裏には、業界の戦略やしたたかな仕掛けが存在する。メディアからはなかなか伝わることのない、ファッション業界の舞台裏とリアルな現実をファッション・ジャーナリストが解説します!

この美しい女性は……?詳しくは、2ページ目に
(写真:courtesy of Mert Alas & Marcus Piggott)

 つい1週間ほど前、来年(AW14-15)のコレクションを発表するパリコレが終了しました。今回のパリコレで何よりも話題になったのは、ルイ・ヴィトンです。なぜなら、ルイ・ヴィトンがプレタポルテ(高級既製服)のコレクションを始めた1998年以来、ずっとデザイナーを務めていたアメリカ人デザイナーのマーク・ジェイコブス氏が、昨年、辞任したからです。

彼は、日本人アーティストの村上隆氏や草間彌生女史とのコラボレーションをはじめ、話題性に富む仕掛けと、さまざまなヒットでブランドの発展にとても貢献しました。その彼の後を継ぐ新しいデザイナー、ニコラ・ゲスキエール氏(元バレンシアガ)によるファーストコレクションということで、大きな注目を集めたのです。

わかりやすくスポーツに例えてみると、サッカーであれば本田圭佑選手がACミランに、野球であれば田中将大選手がニューヨーク・ヤンキースに移籍後、初めての試合に出るときのような関心の高さです。そんなルイ・ヴィトンの新しいスタートは、世間の大きな期待を上回るほどではありませんでしたが、順調な滑りだしと言えるでしょう。

前回前々回と2回にわたり、ファッションショーについて紹介させていただいたながれで、少し時事ネタをからめてみました。このコラムではつっこんだ業界話などはさけ、業界以外の読者の方でもサラッと読んでいただけるような気軽な連載を心掛けているのですが、これからもチャンスがあれば、世間話程度にタイムリーな話題も盛り込んでお伝えできればと思います(こういう話題ももっと入れて欲しいなどのリクエストはこちらまで)。

次ページグッチを着た美しい天使……?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT