アジアで急成長する、米ティファニーの秘密

注目の海外企業【第3回】

Photoimaginechina/アフロ

高級ブランド品といえば、欧州企業が思い浮かぶ。長い伝統を有し、フランスやイタリアで富裕層を顧客としてきた工房や家業が、今日では世界的な高級ブランドとして企業化されている。こうした中で、宝飾品ブランドのティファニーは米国発の高級ブランドだ。そう言えば、欧州色の強いサッカーワールドカップの黄金の優勝トロフィーはイタリアの工房で作られたものだが、米国が仕切っている野球のワールドベースボールクラシックの銀の優勝トロフィーはティファニー製だ。

ブランド運営会社傘下でない、独立したブランド

ティファニーは、ニューヨークに本店を置く、高級宝飾品店(ジュエラー)であり、世界の5大ジュエラーの一角と言われている。創業は1837年と古く、19世紀の半ばには宝飾品を取り扱い始めた。

今日、世界的な高級ブランドの多くは、買収が繰り返された結果、3つの巨大なブランド運営会社の傘下に収められている。フランスのLVMHグループはルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなど約60ブランド、同じフランスのケリングはグッチやイヴ・サンローランなど約20ブランド、スイスのリシュモンはカルティエ、ダンヒルなど約20ブランドを有する。ティファニーはこうしたブランド運営会社の傘下に入っていない、数少ない独立した高級ブランドのひとつなのだ。

ティファニーは1987年に株式を公開し、財務諸表を含む年次報告書を米国証券取引委員会(SEC)に提出している。同社は1990年代より日本にも進出し、高い利益を上げてきた。日本でもなじみのあるこの会社の事業を、開示資料を基にたどってみよう。

次ページブランド力で高成長、高収益
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT