ベンツ「Gクラス」に見た“別世界”

「1000万円を切る」クリーンディーゼル仕様を追加

やっぱり世界が違う――。メルセデス・ベンツとはそういうブランドなのだと、改めて感じた。

メルセデス・ベンツ日本は9月25日、真四角で重厚なデザインの車体で、悪路走破性の高い4輪駆動(4WD)車の最高級モデル「Gクラス」に、新しい仕様「G350BlueTEC(ブルーテック)」を追加すると発表した。車両本体価格は989万円。全国の正規販売店ネットワークを通じて販売を開始、最初の納車は11月下旬を予定している。

5000ccガソリンエンジン並みのパワー

G350BlueTECは、燃料に軽油を使う排気量3000ccのクリーンディーゼルエンジンを搭載。最高出力211馬力、最大トルク55.1kg・mと「同5000ccのガソリンエンジンに相当するパワーを持ち、2.5トンの重量があるボディを力強く走らせる」(メルセデス・ベンツ日本 商品企画・マーケティング部の伊藤節弥マネージャー)。7速AT(オートマチックトランスミッション)との組み合わせにより、カタログ燃費は軽油1リットル当たり8.9キロメートル(欧州参考値)となる。

クリーンディーゼルエンジンは、各種最新技術の採用によって、排ガス規制の厳しい日本にも対応している。ディーゼルエンジンは、出足や加速に重要な役割を果たすトルクが大きく、重たい車体に対応できるだけでなく、高速走行での燃費も高いことが特徴だ。日本ではネガティブなイメージもあるが、欧州ではガソリン車と遜色のない普及率で、日本でも2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したマツダ「CX-5」などがクリーンディーゼルエンジンを搭載しており、一部で広がっている。

次ページそもそもGクラスとはどんなクルマ?
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。