ベンツ「Gクラス」に見た“別世界” 「1000万円を切る」クリーンディーゼル仕様を追加

印刷
A
A

1000万円オーバーのクルマを2台目、3台目で持つ人がそもそも対象だということだ。そういう顧客層に対して、価格帯やエンジンバリエーションを広げたモデルを用意しておくことで、選択肢を広げ、販売活性化を狙っていくという戦略である。

6000ccモデルは数カ月待ち

ちなみに、Gクラスの中でもベンツのスポーツブランドである「AMG」を冠し、最高出力600馬力、排気量6000ccのエンジンを搭載する「G65AMG」は、車両本体価格が3250万円もするのに、現在数カ月待ちの人気という。おカネのあるところにはあるものだ。

内装も豪華だ

最近のベンツといえば、300万円前後の車両本体価格である「Aクラス」「CLAクラス」などの一般のサラリーマンでも頑張れば手の届くモデルも出てきている(関連記事「新型『ベンツAクラス』に乗ってみた」「ベンツ新型『CLAクラス』の役割」)。ただ、最上級モデルの「Sクラス」と双璧を成すレベルの「Gクラス」を取材してみると、ベンツとは、超富裕層向けのビジネスを展開している企業なのだということをあらためて感じ入った。トヨタ自動車は「レクサス」で追随しているが、なかなか牙城は堅そうだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT