米専門家「コロナ抑制にはより厳しい規制必要」

新型コロナ感染者数が増えるアメリカの混乱

入居者の感染拡大が懸念されているワシントン州にある高齢者介護施設(写真:REUTERS/David Ryder)

新型コロナウイルスがアメリカで流行の兆しを見せるにつれて、シアトルからシリコンバレーに至るまで何千人もの従業員に自宅で働くようにとの指示が出された。複数の州で公立学校区が閉鎖され、大学は授業をオンラインのみに移行し、教会でさえ礼拝や祈祷会を制限している。

3月16日に予定されているフロリダ州オーランドでの国際的な健康会議では、ドナルド・トランプ大統領が演説することになっているが、それももはや開催されないだろう。

カリフォルニア沿岸沖では、感染した乗客を乗せた別のクルーズ船が停泊場所を待っている。アメリカ国務省は8日、国民に対し、潜在的な健康問題のある人はとくにクルーズ船での旅行を控えるように助言した。

週末には感染者数が600人近くまで急増

コロナウイルスが3分の2の州に広がるにつれ、アメリカ人は直面している脅威の大きさを把握し始めた。週末には感染者数が600人近くまで急増し、死亡者数は20人近くまで増加した。

ワシントン州では、シアトル地域が感染の中心地となっており、ジェイ・インスリー知事は8日、人々を隔離するために必須の措置を検討していると述べた。連邦公衆衛生当局はまた、海外旅行への関連のない新たな症例が発生しており、コミュニティーでの感染の広がり具合は、このウイルスが一部の地域でいわゆる封じ込めの域を超えており、新しくより厳しい措置を検討する必要があることを示していると示唆した。

これは、アウトブレイクの封じ込めから「緩和」への移行として知られる公衆衛生の概念である。つまり、患者を隔離して接触を制限するという実証済みの公衆衛生対策では不十分であることを認めることを意味する。したがって、病院が圧倒されないように、病気による死亡を最小限に抑え、その広がりを遅らせるための措置を講じなければならない。

「人々を怖がらせたくはないが、私たちが経験している感染の広がりを考えると、何でも起こりうる」と、国立アレルギー感染症研究所所長の医師、アンソニー・フォウチは8日、フォックス・ニュースに語った。「それが、アウトブレイクを封じ込めて緩和するために適切な行動をとる用意をしなければならない理由だ」。

アメリカでは誰も、イタリアが北部地域でやっているように「ロックダウン(封鎖)」という言葉を使って、感染拡大を制御しようとはしていない。しかし、感染が認められた地域の人々に外出を控えるように呼びかける、隔離という名の亡霊は、感染が広がる大都市でさまよっているのだ。

次ページ自発的な社会的距離を置くべき
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。