東大生が断言「スマホは勉強に役立つ」3大理由

東大生が実践している「超効率的」勉強法とは

東大生はスマホアプリを活用した非常に効率的な勉強を行っていることがわかりました(写真:kou/PIXTA)
「勉強しているはずなのに、成績が上がらない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」。
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた読書法を『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』にまとめた西岡氏に、新刊『東大式スマホ勉強術』の中で紹介している「スマホを使った勉強法」を解説してもらいました。

いま、「勉強とスマホ」は切り離せない関係にある

「勉強や独学をするのに、スマホは邪魔になる」「スマホを封印したほうが、結果につながる」

18万部のベストセラー『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』の公式tiwitterアカウントができました(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そんなふうに考えている人は、やはりまだ多いのではないかと感じます。

確かにスマホが自分の近くにあったら勉強に身が入らないかもしれませんし、スマホをいじっているうちにネットサーフィンをしてしまう、なんてこともあると思います。

しかし今、勉強とスマホが不可分な関係になっていることはご存じでしょうか? MMD研究所とアオイゼミの共同調査によると、中学生の約90%、高校生の約95%の学生が勉強にスマホを取り入れているということが明らかになっています。

確かに、勉強していて何かわからないことを調べようと思ったときに、本や辞書を使うよりも、ネットで検索したほうがすぐに出てきますよね。また、本で勉強するよりもYouTubeのような動画サイトに上がっている授業の動画を見たほうがわかりやすいということもあると思います。

次ページスマホ学習はこれからの勉強の基本
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。