台湾から上陸、低価格3Dプリンタの実力

完成品が、たったの6万9800円。ターゲットは個人用途

3Dプリンタを日本でも普及させることができるか。台湾XYZプリンティングは、個人向け3Dプリンタ「ダヴィンチ1.0 3Dプリンタ」を3月18日から店頭での販売を開始した。価格は6万9800円で、日本語のサポート体制も整えている。

個人向け3Dプリンタは、すでに数多く発売されている。価格帯は10万円以上のものが中心だが、最近はベンチャー企業を中心に5万円台の安価なモデルも複数発売されている。しかし、その多くは組み立てが必要なキットの状態で提供されるため、購入してから手間がかかる。また、一般的な個人向け3Dプリンタの多くは、プリンタ部分がむき出しになった簡易なデザインのため、作動音やフィラメント(素材となる樹脂)が焼き付くにおいを気にする声も少なくない。

ダヴィンチは、組み立てた状態で出荷されるため、箱から出して、フィラメントを装着すれば、調整不要で使える。フィラメントは3280円。発売時点で6色あり、12色へ順次増やしていく。「筐体でプリンタ部分を囲んだ設計を採用することで、競合商品と比較すると音もにおいもさほど気にならない」(XYZプリンティングジャパンの吉井宏之ゼネラルマネージャー)ようにした。

3Dデータを無償提供

3Dプリンタの魅力は、金型がなくても誰もがもの作りができるようになる点にある。その上で最大のハードルとなるのが、3Dデータの作成だ。3Dデータを作るには専用ソフトを使いこなし、実際の筐体を想定してデザインする能力が求められる。

XYZプリンティングはこれにも配慮し、オリジナルの3Dモデルファイルをオンラインで無償提供することで、ユーザー登録すれば誰でもダウンロードを可能にした。ただしダウンロードした3Dデータは加工できないため、自分だけのオリジナルデザインにアレンジすることはできない。「データを加工できるようにしてほしいというニーズは多い」(梁雪莉マーケティングマネージャー)と認識しており、いずれは加工が可能になるかもしれない。

次ページXYZプリンティングはどんな会社?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT