米S&P500、週間ではリーマン以来の大幅な下げ

米10年債利回りは4日連続で過去最低を更新

2月28日、米国株式市場はS&P総合500種が7日続落し、週間では2008年の世界金融危機以来の大幅な下げとなった。新型コロナウイルスの急速な感染拡大がリセッション(景気後退)につながるとの懸念が高まった。写真は2015年9月、ニューヨーク証券取引所(2020年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種が7日続落し、週間では2008年の世界金融危機以来の大幅な下げとなった。新型コロナウイルスの急速な感染拡大がリセッション(景気後退)につながるとの懸念が高まった。

ダウ工業株30種とナスダック総合指数も週間の下落率は08年10月以降で最大となった。

もっとも、この日は引けにかけて急速に値を戻し、ナスダックは取引時間中に一時3.5%下落したものの、終値で0.01%高。ダウも値下がり幅が一時1000ポイントを超え4.2%安となったが、終値は1.4%安だった。

引け後の取引では、S&P500Eミニ先物<EScv1>が約1%高。インベスコQQQトラスト上場投資信託(ETF)は1.3%高で推移している。

前日には主要3株価指数がいずれも終値ベースの過去最高値から10%超下落し、調整局面入りが確認された。

株価の支援材料となったのはパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の声明だ。パウエル議長は28日午後に声明を発表し、米経済は引き続き底堅いものの、新型コロナウイルスの感染拡大が経済へのリスクになっており、景気の下支えに向けFRBとして適切に対応すると表明した。

ただ投資家は株式から安全資産である米債への資金シフトを強めており、米10年債利回りは4日連続で過去最低を更新した。

新型ウイルスの感染はこの日も一段と広がった。4大陸の少なくとも6カ国で初の感染例が伝わり、世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大リスクについて、世界全体の評価を「非常に高い」に引き上げた。

ナティクシス・インベストメント・マネジャーズのチーフ・ポートフォリオ・ストラテジスト、ジャック・ジャナシーウィックツ氏は「市場は危機が去った兆しとして、新型ウイルスが制御され、新たな国で感染が拡大せず、米国内でも大幅な感染が見られないという証拠を求めている」と指摘。中国以外での新型ウイルスの感染拡大はリスク資産へのエクスポージャー縮小を促しているとし、次の試金石は米国内での感染拡大だろうと述べた。

「恐怖指数」として知られるシカゴ・オプション取引所のボラティリティー指数(VIX)は一時49.48まで上昇したが、終値は0.95ポイント高の40.11とこの日の安値圏で引けた。

S&Pの主要11セクターでは、金利動向に敏感な金融<.SPNY>が最もS&P500を押し下げ、終値は2.6%安。公益事業<.SPLRCU>は下落率トップで、3.3%安となった。金利に敏感でディフェンシブ銘柄としても見られがちな不動産<.SPLRCR>と主要消費財<.SPLRCS>は共に2%超下げた。

一方、エネルギー<.SPNY>や情報技術<.SPLRCT>、通信サービス<.SPLRCL>は上昇した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を3.39対1の比率で上回った。ナスダックでも1.95対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は193億1000万株。直近20営業日の平均は92億5000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25409.3 -357.28 -1.39 25270. 25494. 24681. <.DJI>

6 83 24 01

前営業日終値 25766.6

4

ナスダック総合 8567.37 +0.89 +0.01 8269.7 8591.8 8264.1 <.IXIC>

4 2 6

前営業日終値 8566.48

S&P総合500種 2954.22 -24.54 -0.82 2916.9 2959.7 2855.8 <.SPX>

0 2 4

前営業日終値 2978.76

ダウ輸送株20種 9388.19 -96.25 -1.01 <.DJT>

ダウ公共株15種 839.96 -25.51 -2.95 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1705.54 +36.89 +2.21 <.SOX>

VIX指数40.11 +0.95 +2.43 <.VIX>

S&P一般消費財 915.77 -7.11 -0.77 <.SPLRCD>

S&P素材 330.67 -4.03 -1.21 <.SPLRCM>

S&P工業 618.39 -7.40 -1.18 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 595.21 -12.65 -2.08 <.SPLRCS>

S&P金融 440.70 -11.63 -2.57 <.SPSY>

S&P不動産 227.70 -5.92 -2.53 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 343.53 +4.23 +1.25 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1075.66 -15.37 -1.41 <.SPXHC>

S&P通信サービス 171.25 +0.38 +0.22 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1549.24 +12.12 +0.79 <.SPLRCT>

S&P公益事業 313.85 -10.78 -3.32 <.SPLRCU>

NYSE出来高 26.33億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21030 - 50 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 21015 - 65 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT