新型肺炎で米金融緩和観測、3月利下げ確率60%

3月も含めて9月まで3回利下げの見方広まる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から米経済を守るために、連邦準備理事会(FRB)が早くて来月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測が金融市場で高まっている。ワシントンの 米連邦準備理事会(FRB)で昨年3月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[27日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大の影響から米経済を守るために、連邦準備理事会(FRB)が早くて来月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測が金融市場で高まっている。

CMEグループのフェドウオッチによると、FRBが3月17─18日に開くFOMCで利下げを決定する確率は約60%であることが市場で織り込まれている。トランプ米大統領は26日、新型ウイルス対策の責任者にペンス副大統領を指名すると発表。この発表前時点の26日の確率は33%だった。

市場では、3月の利下げに続き、6月に今年2回目、9月に3回目の利下げが実施されるとの見方も織り込まれている。

FRB当局者はこれまでのところ様子を見る姿勢を示しており、近い将来の利下げは今のところ示唆されていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT