新型肺炎で米金融緩和観測、3月利下げ確率60%

3月も含めて9月まで3回利下げの見方広まる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から米経済を守るために、連邦準備理事会(FRB)が早くて来月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測が金融市場で高まっている。ワシントンの 米連邦準備理事会(FRB)で昨年3月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[27日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大の影響から米経済を守るために、連邦準備理事会(FRB)が早くて来月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの観測が金融市場で高まっている。

CMEグループのフェドウオッチによると、FRBが3月17─18日に開くFOMCで利下げを決定する確率は約60%であることが市場で織り込まれている。トランプ米大統領は26日、新型ウイルス対策の責任者にペンス副大統領を指名すると発表。この発表前時点の26日の確率は33%だった。

市場では、3月の利下げに続き、6月に今年2回目、9月に3回目の利下げが実施されるとの見方も織り込まれている。

FRB当局者はこれまでのところ様子を見る姿勢を示しており、近い将来の利下げは今のところ示唆されていない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。