ユニクロのアルバイトなど1.6万人正社員に

ファーストリテ、人手不足で「方針転換」

3月19日、ファーストリテイリングは、国内のユニクロで働くパートタイマーやアルバイト計約3万人のうち半数以上の1万6000人を今後2―3年間で正社員にする計画を明らかにした。ユニクロの都内店舗で1月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 19日 ロイター] -ファーストリテイリング<9983.T>は、国内のユニクロで働くパートタイマーやアルバイト計約3万人のうち半数以上の1万6000人を今後2―3年間で正社員にする計画。広報担当者が明らかにした。

人手不足から人材の確保が企業の課題となっており、安定して働く環境を提供することで、優秀な人材の確保につなげる考え。

ユニクロは候補者の面接を始めており、正規雇用されれば、特定の店舗や地域に勤務地が限定される「R(リージョナル)社員」となる。国内でもコンスタントに出店を続けており、「R社員」として新卒者や途中入社の人材も募集していく。

正社員を増やすものの、アルバイトなどのトレーニングのためのコストが減少するため、大幅な人件費の上昇にはつながらないとしている。

ファーストリテイリンググループの正社員は、13年8月末時点で2万3982人だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。