YouTuber宮迫と江頭2:50の明暗が別れた訳

お笑い界イチの嫌われ者がなぜ人気に?

芸能人ユーチューバーとしてトップを走っている江頭2:50。お笑い界で嫌われていた芸人が、なぜユーチューブの世界では受け入れられているのだろうか(画像:週刊女性PRIME/YouTubeより)

半裸で番組に登場し、客席にダイブ。そしてそのあと唯一、身につけていた黒のスパッツまで脱ぎ去り、全裸に――。『嫌いな芸人ランキング』で9年連続の1位。番組出演時にはテレビ局に苦情の電話が鳴り続けたこともある、芸能界きっての“ヨゴレ芸人”がネットを席巻している。

江頭2:50が今、芸能人ユーチューバーとしてトップを走っているのだ。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「江頭さんは、1月31日にユーチューブに自身のチャンネル『エガちゃんねる』を開設。投稿した第1弾の動画は、お尻に筆を挟み、習字をするという、いかにも江頭さんといった内容でしたが大ヒット。チャンネル登録者数もわずか9日で100万人を突破しました。嵐の記録には及びませんでしたが、個人ではダントツで最速の100万人登録達成となりました」(スポーツ紙記者)

“尻習字”を披露した動画の再生数はなんと350万回(2月14日時点、以下ユーチューブの数字はすべて同時点)を稼ぎ、現在の登録者数は146万人にも上っている。

なぜお笑い界イチ嫌われていた芸人が、こんなにも世間に受け入れられたのか。

あまり知られていない、江頭2:50の一面

「江頭さんはインターネットの番組を昔からやっていたので、ネットとの親和性が実は高い。また、地上波のテレビではなかなか江頭さんの芸が100%できないところ、ネットではできたりする。もともとコアなファンには江頭さんのネット番組は人気があったんですよね」

そう語るのは、お笑い評論家のラリー遠田氏。

江頭はインターネットテレビ局『TFM+』で冠番組『江頭2:50のピーピーピーするぞ!』を2006年にスタート。また2009年にも動画配信サイト『BeeTV』にて『がんばれ!エガちゃんピン』をスタートさせており、ネット番組ではMCにまわるなど、テレビでは見られない芸を見せている。

あまり知られてないんですけど、江頭さんは映画評論の本を出しているくらい詳しく、また教養もある。ただ、地上波のテレビで求められるものは江頭さんのそういった部分ではない。また、ほかの芸人やタレントとの相対的な関係性もある。いろんなタレントがいるなかで“なんでエガちゃんMCなの?”ってなっちゃうので、能力的にできたとしても、その役割が与えられなかった」(ラリー遠田氏)

次ページユーチューブでは“トーク”で笑いをとっている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT