不況でも女子ゴルフは活況 百貨店、メーカーが熱い視線

景気後退でゴルフ業界の環境も厳しい中、若い女性向けだけは活気づいている。14日にオープンした大丸心斎橋北館の目玉の一つがゴルフ用品売り場。若い女性を意識したアパレルブランドを充実させ、9打席のゴルフスクールも併設した。

クラブメーカーも負けてはいない。ゴルフ用品大手テーラーメイドゴルフは12月、女性向け新ブランド「ペルフィカ」を投入する。これまで同社はプロゴルファーの使用率といったアスリート色を打ち出していたが、この戦略を封印。モデルのSHIHO(写真)をイメージキャラクターに起用し、生活の一部としてゴルフを楽しむ女性をターゲットとした。専用シャフトを複数用意したほか、デザインでも女性の視点を追求する。

2009年のゴルフクラブ市場は約1000億円で、女性モデル比率は15%(同社試算)。「数年前の数%から年々上昇している。だが当社の女性モデル比率は5%にすぎない」(菱沼信夫社長)。一方で、アディダスゴルフブランドで同社が展開するウェアなどでは、売り上げの25%を女性アイテムが占めるという。「女性ゴルファーはトレンドに敏感で、コストパフォーマンスのいいものを提供すればついてきてくれる」と菱沼社長。

業界で熱い視線が注がれる女子ゴルフ。ブーム本格化を受けて、女性用グッズも盛り上がりつつある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT