不況でも女子ゴルフは活況 百貨店、メーカーが熱い視線

景気後退でゴルフ業界の環境も厳しい中、若い女性向けだけは活気づいている。14日にオープンした大丸心斎橋北館の目玉の一つがゴルフ用品売り場。若い女性を意識したアパレルブランドを充実させ、9打席のゴルフスクールも併設した。

クラブメーカーも負けてはいない。ゴルフ用品大手テーラーメイドゴルフは12月、女性向け新ブランド「ペルフィカ」を投入する。これまで同社はプロゴルファーの使用率といったアスリート色を打ち出していたが、この戦略を封印。モデルのSHIHO(写真)をイメージキャラクターに起用し、生活の一部としてゴルフを楽しむ女性をターゲットとした。専用シャフトを複数用意したほか、デザインでも女性の視点を追求する。

2009年のゴルフクラブ市場は約1000億円で、女性モデル比率は15%(同社試算)。「数年前の数%から年々上昇している。だが当社の女性モデル比率は5%にすぎない」(菱沼信夫社長)。一方で、アディダスゴルフブランドで同社が展開するウェアなどでは、売り上げの25%を女性アイテムが占めるという。「女性ゴルファーはトレンドに敏感で、コストパフォーマンスのいいものを提供すればついてきてくれる」と菱沼社長。

業界で熱い視線が注がれる女子ゴルフ。ブーム本格化を受けて、女性用グッズも盛り上がりつつある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。