東原次期社長は"巨艦"日立をどう動かす?

東京本社からグローバルへ権限をシフト

さらに日立のIT技術を生かせば、クラウドを通して製品のライフサイクルを予測することができる。製品動作のモニタリングは非常に重要で、部品が壊れるパターンや兆候が見えてくる。サービスグレードも上がるし、交換時を考えてカートリッジ式にしたほうがいいといった設計仕様にも反映できる。顧客が機器の停止時間を最小化できるだけでなく、われわれにとってもクラウドサービスはメリットがある。

――組織再編の可能性は?

グループをまたぐプロジェクトを束ねるために、組織として実行しやすい形にするのが、私の最初の仕事と考えている。これは国内だけで考えたらダメで、国や地域に合った省エネや節水といったソリューション提案が必要になってくる。地域ごとの電気料金や水道料金などの指標を踏まえたうえで、グローバルで事業展開できる体制を作らなければいけない。

自律分散型グローバル経営

――各部門が東京本社とやり取りするのではなく、地域ごとに判断できるようにする?

イエス!日立のトータルソリューションをもっと推進するには、力強いリーダーシップが必要になる。各グループの担当者に連絡を入れてお伺いを立てているうちは、いつまで経っても顧客の立場でビジネスプロモーションはできない。ある程度は地域に権限を委ねる形にシフトする。それが自律分散型グローバル経営という方向だ。

ひがしはら・としあき●1955年生まれ。徳島大学卒業後、77年に日立製作所入社。90年米ボストン大学大学院修了。電力グループCOO、日立パワーヨーロッパ社プレジデントなどを歴任。2014年4月社長就任予定。(写真は1月の社長就任会見時、撮影:今井康一)

そうなると地域でプロフィット(利益)を見ていく格好になるが、ここで地域のリーダーの考え方が重要になってくる。担当地域だけプロフィットが出ればいいと考えられては困る。常にグローバルと日立全体を考えるリーダーでなければいけない。

研究開発を例に取ると、われわれの地域でこんなことやっているけれど、中国やアフリカでも同じような省エネのニーズがあるなら共同で研究開発しないか、と考えるマインドセットが重要。それを私が鳥瞰しながら調整していく。

――不採算事業の構造改革に対する考え方は?

基本的な再編の考え方は2つ。1つはグローバルで戦うために、他社との提携で規模を大きくするための再編。もう1つは、不採算事業が日立の中にいるよりも、別企業と一緒になった方が強くなるために事業分離する再編。

その両方の考え方について、一通り勉強しているところだ。先の状況はわからないが、3年後、5年後を見ると事業の形は変わってくるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。