「吉野家」復活といきなり!ステーキ失速との差

経営者の「勘」頼みで300店の壁は超えられない

顧客を引き留め続けるのは難しい(デザイン:小林 由依、撮影:梅谷 秀司、今井 康一)

外食チェーンの浮き沈みが激しくなっている。

焼き鳥チェーン「鳥貴族」は不振の居酒屋業界において急成長していたが、2017年10月に1品280円から298円にたった18円値上げしただけで、顧客が一斉にソッポを向き、既存店売上高は低迷した。同じく、かつての「勝ち組」だった「いきなり!ステーキ」や「日高屋」も急失速している。

マックやケンタも大きく巻き返し

一方、右肩上がりのチェーンもある。ファミリー客の支持がある回転すしチェーン「スシロー」や洗練されたブランドイメージがある「スターバックスコーヒー」は、店舗数を増やしながら既存店を伸ばす。「マクドナルド」や「ケンタッキーフライドチキン」、「吉野家」といった一時低調だったチェーンも、ここにきて大きく巻き返している。

『週刊東洋経済』2月25日発売号は「外食 頂上決戦」を特集。顧客の気づかないところで繰り広げられている新しい仕掛けや新しいスター企業などを追っている。

外食浮沈の背景には、経営戦略の変化がある。かつての外食チェーンはトップの「勘」に戦略を委ねることが多かった。しかし、昨今はマーケティングに精通する人材を外部から招聘し、精緻な仕掛けを繰り出すところが顧客を呼び込めるようになった。

次ページ訴求の仕方も変容
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT