新型コロナ「企業活動も止める」深刻すぎる影響 8割超の担当者が物流・調達の支障を明かす

印刷
A
A
(2)中国国内の物流問題
 ●道路閉鎖による物流遮断
 ●トラックドライバーの不足
 ●エアー便の集中による取り合い
 ●一次サプライヤーの有する金型を代替国(日本、ベトナム等)へ輸送できず
(3)間接的な影響
 ●取引先(日本あるいは他国)が中国から完成品や部材、原材料を仕入れており、供給停止
 ●中国にある二次サプライヤー以降の情報は、そもそも取引開始時に入手しておらず、現時点でも解明できず

「手の打ちようがない」と答える担当者も

対策は、絶対解答がないため、各社とも苦しんでいる様子がうかがえる。

 ●国内、あるいはベトナム等での代替生産
 ●国内既存保有在庫の使用
 ●国内にある中古部品の再利用
 ●代替品の検討
 ●中国国内での停滞の場合は、ハンドキャリーなどの応急処置
 ●ひたすら催促
 ●手の打ちようがない
 ●フォースマジョールの申請

なお、「フォースマジョール」とは不可抗力条項と訳される。これは予想不可能な事象が起きたときに契約の履行を免れるもので、顧客に対して商品供給が難しい旨を伝えることを指す。

現時点では新型コロナウイルスへの対処療法を探して、各企業は奔走している状態だ。教訓を引き出すにはまだ早い。それにいつ収束を迎えるのかわからない。ただ、いったん騒ぎが収まれば、今後の企業行動に大きな影響を与えるに違いない。

画像をクリックするとコロナウイルスに関連する記事の一覧にジャンプします

大げさにいえば、これは今後、「中国を選択するかしないか」というグローバリズムかアンチグローバリズムの選択である。中国は生産地としてだけではなく、マーケットとしても有望であるのは間違いない。ただし、今回のような感染症がまた生じる可能性もある。同時に共産党一党独裁制度は、今回の初動のように大きな問題を残した。

コストが上昇しようが日本国内へ生産を回帰させる可能性も検討しなければならない。グローバリズムが引き起こしたアンチグローバリズムという逆説。私たちは新型コロナウイルスへの対応とともに、次なる課題も突きつけられている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT