新型コロナ「企業活動も止める」深刻すぎる影響

8割超の担当者が物流・調達の支障を明かす

日本企業の物流・調達関係者は頭を抱えている(撮影:今井 康一)

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大が止まらない。メディアでは連日のようにダイヤモンド・プリンセス号における乗客たちの感染判明を伝え、また、日本全国で経路不明の感染者増を伝えている。

当初は影響も軽微に見られていたためか、その反動として世界中の人々はいま恐怖に震えている。感染したら多くは重症にいたらないとはいうものの、2%程度とされる致死率は決して低いとはいえない。特効薬も存在しないため、人々は不要不急の用事を避けるようになった。不特定多数の参加者が集まるイベントは、自主的に延期・キャンセルされている。

移動や集会が制限され、部材も入ってこない

当然、それは産業界にも波及している。私はサプライチェーンのコンサルタントをしているため、多くの企業人と対面する。すでに、今週から「新幹線に乗られないことになりました。向かえません」と仕事のキャンセルが相次いでいる。近隣の方々に話を聞くと、海外の複数国から、「『日本人の出張者はできるだけ来ないでくれ』と言われている」と教えてくれる。

移動だけではなく、中国からの部材も滞っている。今週、訪問した建設業者は、大手メーカーからの温水洗浄便座、食器乾燥機、換気扇が入荷しないことから、客先に頭を下げにいっていた。それらの部品の一部は中国製らしく、納期が未定としかいえないらしい。その他、建材も中国からは滞っている。

昨今の企業活動は、人々の行き来と、世界的につながったサプライチェーンとを前提としているから、もうほとんど血流が止まったようなものだ。このところ、米中経済戦争といわれるが、中国には各国から無数の材料が運び込まれ、それを組み立て加工(アッセンブリー)して輸出していた。各国の出口戦略の場所として使われてきた。その出口が閉鎖されている以上、絶望的な状況になるしかない。

有名企業の例を挙げよう。アップルは2月17日、2020年1~3月期の売り上げが従来予想を未達になる発表した。iPhoneの生産をはじめとし部品サプライヤーなども中国に集中しているためだ。生産はなんとか再開しているものの、物流が遅延しており出荷が遅れている。

次ページ震災の教訓あったが、さすがに予測不能だった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT