投資家「高宮慎一」生んだ憧れとコンプレックス スタートアップは「最高にクリエーティブだ」

印刷
A
A

「何かと何かの間に立って橋渡しをする立ち位置がすごく好きだし、得意。あとは、クリエーターとかデザイナーとかに対する強烈な憧れとコンプレックスがあるんです。

自分は、ゼロから何かを生み出すことはできない人間。だけどビジネスプロデューサーとして、持続可能な仕組みをつくれば彼らに仲間に入れてもらえるし、貢献することができると考えました。ベンチャーキャピタルという仕事もベンチャーと金融の橋渡し。今思うと昔から立ち位置は変わっていないと感じます」

大学卒業後に戦略コンサルティング会社アーサー・D・リトルに就職し、6年勤務した後、ハーバード大学MBAに進むため退社。MBAを卒業した後、アメリカで就職面接を受けると「お前の本質的な強みは何だ」と問われ続けたという。ライバルの候補者も同じハーバードMBA卒、元マッキンゼーといったつわものだらけだ。アメリカ人で同じようなバックグラウンドの人間が競争相手だ。表面的な経歴では差別化できない。

「ベンチャーキャピタリストはすごく納得感がある立ち位置でした」(撮影:佐々木仁)

「そうなったときに、自分の生い立ちに根差した、本質的なカルマ(業)みたいなものは何だろう、と考えました。自分がしなきゃいけないことって何だろう。その軸で考えると、海外と日本で育った自分だからこそ、日本をベースに、日本のよいものを海外に出す、それが自分のなすべきことなんじゃないかと思いました。

また、起業家がプロダクトを作るのってすごくクリエーティブな作業だし、さらに言ってしまうとスタートアップを作ることそのものが最高にクリエーティブ。自分自身がクリエーターになれなくても、クリエーティブを組織化、仕組み化して、スケールさせて、さらには持続させるところで貢献することはできる。すべてがつながった感があって、ベンチャーキャピタリストはすごく納得感がある立ち位置でした」

「フェイクユニコーン」は日本では生まれない

日本国内のベンチャー投資は、近年ますます活発化している。それに伴い、ユニコーン企業(一般的に評価額10億ドル以上、創業20年以内の非上場ベンチャー企業)と呼ばれる大型ベンチャーの数も増え始めた。

かつてのメルカリを筆頭に、AI開発のプリファード・ネットワークス[想定時価総額(以下同)3516億円]、プラスチック代替素材のTBM(1218億円)、情報アプリを提供するスマートニュース(1128億円)などだ(フォースタートアップス「国内スタートアップ想定時価総額ランキングレポート2020.2」より)。

その一方で、アメリカや中国では、評価額だけが吊り上がり、実態が伴わないベンチャー企業が「フェイクユニコーン」と呼ばれ、揶揄されるようにもなった。なぜこのような乖離が生まれるのか。高宮氏は「日本と世界を分けて考えるべき」としたうえで、世界的には2つの要因があると話す。

まず1点目は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドに代表されるような積極的な投資が挙げられる。ビジョン・ファンドは10兆円のファンド規模で、積極的な投資姿勢で知られ、「ISO(Initial Softbank Offering)」と言われるほど。ほかのVC(ベンチャーキャピタル)の1.5倍から2倍といったバリエーション(企業の価値評価)をつけ、200億円、300億円といった巨額投資を行うことも珍しくない。すると当然、ユニコーンも生まれやすくなる。

次ページ「WeWork」の損失…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT