「給料が高くて社員が辞めない中堅企業」169社

平均年収700万以上で新卒定着率8割以上対象

中堅企業の中には、給料が多く休みも取れる会社は少なくない (写真:freeangle/PIXTA)

広報解禁の3月1日が間近に迫ってきているが、今年は様相が異なっている。新型コロナウイルスの影響で、就活イベントを中止する動きが相次いでいる。「リクナビ」が3月いっぱいのイベントの中止を決めたほか、個別企業も説明会などの中止をしている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

3月以降、本格的に就活がスタートするが、企業探しはネットなどで、文字どおり「自分で調べていく」しかなくなってくる。また今後は、会社説明会やエントリーシートの作成に追われ、1日があっという間に過ぎていく。2月中には企業研究を済ませ、エントリーする会社を絞り込んでおきたい。

エントリーする会社を絞り込んでいるのであれば、もう一度確認してほしい。リクルートワークス研究所によると、2020年卒対象の大卒求人倍率は1.83倍であるが、5000人以上の大企業では0.42倍の狭き門だ。1000~4999人は1.08倍、300~999人は1.22倍、300人未満では8.62倍と従業員数によって大きな違いがある。

大手企業は狭き門、狙いは好条件の中小・中堅

大手企業ばかり考えている就活生は、志望業界の中堅、中小企業にも目を向けてほしい。今回、『就職四季報2021年版』(優良・中堅企業版)から、従業員数が1000人未満の中堅企業を対象に、平均年収700万円以上、かつ新卒3年後定着率80%超の企業を抽出。「平均年収が高く離職者が少ない中堅企業」として紹介したい。

ランキングにあたり、平均年収が同じ場合は、3年後定着率が高い順にランキングしている。また持株会社は、グループ採用の場合がある。

次ページ年収1000万円以上は5社
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。