人気ドラマ「フレンズ」一夜限りの復活の可能性

チャンドラー役俳優がにおわす「サプライズ」

人気を博したテレビ番組『フレンズ』(写真:Jon Ragel/Getty Images)
1994〜2004年に欧米で放映されて人気を博した米テレビ番組『フレンズ』が、16年ぶりにお茶の間に返ってくる可能性が報じられている……。

マシュー・ペリーが「におわせツイート」

1994〜2004年に欧米で放映されて人気を博したアメリカのテレビ番組『フレンズ』が、16年ぶりにお茶の間に返ってくる可能性が報じられている。今年5月にアメリカで配信がスタートするワーナー系列の新しい動画配信サービスHBO Maxのローンチに合わせて、1時間の特別番組が制作されるとみられているのだ。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

『フレンズ』は、ニューヨークで暮らす男女6人を描いたシチュエーション・コメディ。今年1月にテレビ・ドラマ『ザ・モーニング・ショー』で、第26回全米映画俳優組合賞テレビドラマ部門で女優賞を受賞したジェニファー・アニストンの出世作とされている。

これまで何度も映画化の噂が上がっては消えたが、今回の特別番組の噂は確度が高そうだ。エンターテインメント情報誌「ハリウッド・リポーター」は昨年11月、「契約締結までは程遠い」としながらも、出演者らと制作陣が交渉を行っていると報じていた。

しかしハリウッド情報を扱うエンタメ・ニュースサイト「デッドライン」の今年2月6日付の記事によると、このときの交渉は出演料の折り合いがつかず、暗礁に乗り上げた。その後、交渉は再開されたとみられ、今月5日には『フレンズ』の出演者の1人マシュー・ペリーが、「大ニュースがまもなく……」と「におわせツイート」を投稿。これが、『フレンズ』の交渉がまとまったのではないかとの憶測を呼んでいる。

次ページ強気の値段設定
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT