人気ドラマ「フレンズ」一夜限りの復活の可能性

チャンドラー役俳優がにおわす「サプライズ」

人気を博したテレビ番組『フレンズ』(写真:Jon Ragel/Getty Images)
1994〜2004年に欧米で放映されて人気を博した米テレビ番組『フレンズ』が、16年ぶりにお茶の間に返ってくる可能性が報じられている……。

マシュー・ペリーが「におわせツイート」

1994〜2004年に欧米で放映されて人気を博したアメリカのテレビ番組『フレンズ』が、16年ぶりにお茶の間に返ってくる可能性が報じられている。今年5月にアメリカで配信がスタートするワーナー系列の新しい動画配信サービスHBO Maxのローンチに合わせて、1時間の特別番組が制作されるとみられているのだ。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

『フレンズ』は、ニューヨークで暮らす男女6人を描いたシチュエーション・コメディ。今年1月にテレビ・ドラマ『ザ・モーニング・ショー』で、第26回全米映画俳優組合賞テレビドラマ部門で女優賞を受賞したジェニファー・アニストンの出世作とされている。

これまで何度も映画化の噂が上がっては消えたが、今回の特別番組の噂は確度が高そうだ。エンターテインメント情報誌「ハリウッド・リポーター」は昨年11月、「契約締結までは程遠い」としながらも、出演者らと制作陣が交渉を行っていると報じていた。

しかしハリウッド情報を扱うエンタメ・ニュースサイト「デッドライン」の今年2月6日付の記事によると、このときの交渉は出演料の折り合いがつかず、暗礁に乗り上げた。その後、交渉は再開されたとみられ、今月5日には『フレンズ』の出演者の1人マシュー・ペリーが、「大ニュースがまもなく……」と「におわせツイート」を投稿。これが、『フレンズ』の交渉がまとまったのではないかとの憶測を呼んでいる。

次ページ強気の値段設定
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。