コンビニコーヒー飲む人が超激増した根本原因

「40年前からコーヒー販売」していた衝撃事実

今では定番商品となった「コンビニコーヒー」ですが、どのようにして生まれたのでしょうか(写真:mits/PIXTA)
今では定番となった「コンビニコーヒー」。年間11億杯以上飲まれる超ヒット商品はどのようにして生まれたのか? 流通ジャーナリストの梅澤聡氏の新刊『コンビニチェーン進化史』よりお届けする。

カウンター商材の1つ、セブンカフェは、2013年1月に導入された。年間4.5億杯からスタートし、2018年度は11億杯を突破している。1店舗当たり1日平均130杯弱の販売数になる。

セブンカフェをはじめとするコンビニのカウンターコーヒーのヒットを契機に、日本のコーヒーマーケットは大きく変化した。日本国内のコーヒーの年間消費量は、全日本コーヒー協会の統計資料によると、生豆ベースで2012年度の42.8万tから2018年度は47万tへと大きく増加している。1人1週間当たりの飲用杯数も、インスタントや缶コーヒーが減少する中で、レギュラーコーヒーは2012年度が3.2杯に対して、2018年度は3.69杯と伸長している。

コーヒーチェーンと共存するセブン

コンビニのカウンターコーヒーが登場して以来、豆や抽出や雰囲気にこだわったコーヒー専門店の市場も拡大している。セブン‐イレブンの説明によると、専門店は2013年の4580店舗から2018年の5310店舗(予測)と、約15%以上も増加している。セブン‐イレブンが強調するのが、セブンカフェが既存のコーヒーチェーンのシェアを奪っていないことだ。

仮にレギュラーコーヒーの飲用回数が6年前と比較して同じ程度であったとすれば、コンビニコーヒーがコーヒーチェーンの市場を奪ったことになる。しかし、生豆の消費量も、レギュラーコーヒーの飲用杯数も伸長しているということは、コーヒー市場を新たに創造したと考えられる。

セブンカフェのみならず、同時期に新たなカフェをスタートさせたファミリーマート、ローソンの刷新は、消費者がレギュラーコーヒーに求める水準が高くなったという仮説に基づいている。仮にインスタントコーヒーや缶コーヒーから、客がスイッチしたのであれば、レギュラーコーヒーの優位性は保たれる。

ただし、毎日のようにコンビニコーヒーを飲み続けると、レギュラーコーヒーが味のベースとなり、今度はコンビニチェーン同士の競合か、いよいよコーヒーチェーンとの戦いになるので、各チェーンはラテを導入するなど、メニューを拡充したり、品質の強化に努めるなどしている。

次ページ「スイーツとの相性のよさ」も強み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT