吉野家玉ねぎ4倍「ねぎだく」人気の深いワケ

新スタイルの店舗「黒吉野家」で女性客を狙う

これらを実現するため、機械化、AI化による効率化や労働環境アップも図っている。25ブランド(うち1ブランドは自社プリペイド)に対応するキャッシュレスも一役買っているようだ。「チームサービスコンクール全国大会」や「肉盛り実技グランドチャンピオン大会」といった接客・調理技能向上の取り組みも継続していく。

冬期の人気商品、牛すき鍋。写真はご飯と玉子、漬け物つきの「牛すき鍋膳」(写真:吉野家)

力を入れているのが、イートインの価値向上だ。例えば2013年にスタートした季節の商品が牛すき鍋膳(並盛税抜648円)。固形燃料でアツアツの状態で提供する手法が人気の理由という。

「また、毎年少しずつブラッシュアップすることで『やっぱりおいしい』と感じていただけているのかなと思います。例えば現在の牛すき鍋膳は、2013年当時のものに比べ野菜を増量し、たれもうまみが増して本格的になっています。お客様の好みの変化に合わせて変わってきたということでしょう」

こうした季節商品の常ではあるが、毎年、時期が来るのを心待ちにしているファンもいるそうだ。販売期間は2月下旬までを予定している。

1月29日から販売スタートしたW定食(税抜き698円)。写真は牛カルビとの組み合わせ。ご飯増量・おかわり無料サービスと組み合わせると最強だ(筆者撮影)

さらに、1月29日からは定食を強化する3つの方策を打ち出した。牛皿ともう1品をお得に食べられる「W定食」や、定食のご飯増量おかわり無料、期間限定ではあるが、夜の時間帯に10%割引になる「夜割」だ。イートインや、「ちょい飲み」需要に代わる夜間帯の増客につなげる。

女性・ファミリー層に「黒吉野家」戦略

さらに、具体的に店舗空間そのものの刷新も図っている。社内では「C&C(クッキング&コンフォート)」と呼ばれているそうだが、一部、巷間では「黒吉野家」とも噂されている店舗がそれだ。

「従来の、店の中央に馬蹄形のカウンターを備えたスタイルは、居心地という面でデメリットとなります。やはりとくに女性のお客様に、『食べているとき向かいの人から見られるのがイヤ』という方が多い。そこでテーブルとソファを設えたり、ドリンクサーバーを備えた居心地を重視した店舗に入れ替えを図っています」

「黒吉野家」と呼ばれる、新スタイルの店舗(写真:吉野家)

揚げ物やスイーツなどもそろえ、アイドルタイム利用も狙う。毎年80〜100店舗の割合で入れ替えを図っているそうで、最終的には、半数弱の約500店舗がこのスタイルになる。またスペースの関係で難しい店舗に関しても、馬蹄形ながら前方の客と目が合わないパーソナル空間を重視したスタイルに変更していく予定だ。

「ファミリーと女性をターゲットとした戦略です。女性の社会進出が進み、一方で今後人口は減少して、胃袋は減っていく。これまでは男性が中心だった当社のようなチェーンでは、いかにファミリーと女性を取り込めるかが重要になってきます」

男性中心の、市場のお客相手から出発した同チェーン。120年を経た変化は、そのまま日本社会の変遷だとも見てとれるだろう。ねぎだく牛丼の復活に、同社が守ってきたもの、そして変わっていくものが図らずも表れているようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT