【検証】四季報予想はどれだけ当たったか

『会社四季報』2014年春号が発売

増額の度合いが「ど派手」なケースも

一方、額の大きさではかなわないものの、中堅規模の銘柄では、修正率の大きい増額も少なくない。下表を見ていただきたい。たとえば藤井産業の場合、四季報新春号は会社計画営業益の14億円に対し20億円と4割以上強気の予想をしていたが、2月13日に会社が発表したのは21億円という修正見通しだった。施工と太陽光発電システムが想定以上で人件費増を吸収し利益が上振れた。春号でも予想を引き上げている。

また、ぐるなびももともと会社計画では15%近く上振れ予想をしていたが、会社が発表した修正数値は四季報と同じ40億円という営業益見通しだった。飲料店販促支援がサイト改良で送客力が向上。有料加盟店舗数が拡大しているようだ。

次ページ中には、四季報予想をさらに上回った企業も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT