岩盤規制の真犯人は、ヤンキーと自民党

草食投資隊が考える成長戦略①

藤野 ここは議論のあるところで、実は死んだフリをしているんじゃないかという声も、チラホラ。成長戦略をなめるなという声が、官邸の近いところから聞こえてきます。

中野 あとは法人税ですかね。日本企業にとっては気になるところですし、株価にも影響があるでしょう。

やっぱり、一番の岩盤は・・

渋澤 安倍首相は法人税減税をやりたいと考えているようですが、自民党の中にはかなり反対勢力がいるみたいですよ。

藤野 そうなると、一律減税ではなくて、設備投資減税と絡めるという感じじゃないですか。

個人投資家にコツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、コモンズ投信会長渋澤健さん(中)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(右)

渋澤 まあ、でもいいんじゃないかな。減税しても使わずに貯められるよりは、設備投資におカネが回る分、経済の活性化につながります。

中野 ただ、成長戦略の大前提って、グローバルな競争と同じ土俵を日本に作ることですよね。そのいちばんの象徴が、法人税の課税ベースを下げるというのが、ど真ん中だと思うのですが、結局、それも自民党内の反対意見に押されて、「できない」ということになると、ますます「成長戦略って何?」ということになります。いちばんの岩盤って、結局、自民党なんじゃないですか。

渋澤 う~ん、なるほど。

藤野 成長戦略を、何だかわかりにくい、もやもやしたものにしている真犯人が、徐々に見えてきましたね~。

中野 では、次回は具体的な「草食投資隊が考える成長戦略」というものを、この場で議論してみましょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。