岩盤規制の真犯人は、ヤンキーと自民党

草食投資隊が考える成長戦略①

中野 でも、それに安倍首相が乗っているとしたら、危険な話ですよね。成長戦略を実現していくうえで、日本にとって大事なのは外交じゃないですか。その外交が今、まさに、反米、反中、反韓ムードの中で、どん底状態にあるわけです。 

藤野 確かに、今の日本の外交は最悪。 

渋澤 でも靖国に行くまでは、僕は安倍首相の外交を評価していました。今までの歴代首相が行かなかった国にもちゃんと行っていますしね。だから、非常にもったいない感がある。ようやく中国や韓国とも、少しだけ雪解けムードかな~というところに持ってきて、靖国参拝ですからね。

確かに、国を代表するトップが、母国のために命を捧げた兵の魂を敬うことができないというのは変な話です。でもね、何もこのタイミングで、米国が明らかに「行かないでよね」というサインを送っているところでしたから、「おいおい、何やっちゃってんの」と思うのも当たり前。国民の一部や党内の勢力に応えたいという意図があったと思いますが、靖国参拝までの経緯を見ると、とてももったいないことをしたという気がします。あのタイミングでは、経済成長というメッセージを送ってほしかったな。

中野 今、世界的に見ても近隣諸国とのいがみ合いを解消しようという方向に動いているのに、なぜか日本と近隣諸国だけはいがみ合っている。そうこうしているうちに、中国ではフォルクスワーゲンがトップシェアを握ってしまっている。確かにもったいないですよね。

日本の企業は大きなビジネスチャンスを逸しているわけです。なんだか第三の矢が逆向きに飛んできているような気がします。それに、外交上の「失敗」が輪をかけているという感じです。

渋澤 やっぱり、現状に満足しているマイルドヤンキーの方々が、現状に満足できず、不満足感を覚えるようになってからでないと、日本の成長戦略は動き出せないのかもしれません。日本が成長戦略にコミットしたということは、現状維持派にとって今はよくても、長い目でみれば厳しい環境に置かれるということでしょ。

次ページ成長戦略=現状維持ではNGということ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。