ゴーンが自白の強要と感じた検察の「説得」

弁護士が指摘するゴーン氏取り調べの問題点

――実際に立ち会ってどうでしたか?

「取調室ではアマチュアのボクサーとプロボクサーが殴り合っているようなもの」と村木厚子さんが言ったというのは有名な話だが、弁護士が横にいても警察は被疑者を怒鳴る。「『そうじゃない』と昨日言っていたじゃないか!」と。警察に「怒鳴らないでください」と言うと、警察は「怒鳴っていません」と反論する。

「弁護士は発言しないように」と言われて同席を認めるという話だったが、私は「嫌だ」と言って、口を挟み続けた。(任意の取調べであり)逮捕されていたわけではないので、打ち切って帰ることもできただろうが、帰らずにいたら、結局、4時間かかった。普通の人なら、弁護士が立ち会っていなければとても耐えられないだろうと思った。

検察にとっての説得、被疑者にとっての強要

――ゴーン氏は「自白を強要された」とレバノンでの会見(1月8日)で述べました。東京地検の斎藤次席検事はその会見翌日、「自白を強要したことはない。録音・録画を見てもらえばわかる」と定例会見で言っています。どちらの言い分が正しいのでしょうか。

「自白を強要された」とゴーン氏が受け止めても仕方のないような言動はあったに違いない。

検察にとっての「強要」と被疑者が受け止める「強要」のイメージは違う。「認めないと不利だ」「いつまでも否認を続けて頑張っても確たる証拠がある」と言われたら、被疑者にとっては「自白の強要」だ。が、検察にとっては「自白の強要」ではなくそれは「説得」である。

――「罪を認めたら釈放する」という言い方はどうですか?

検察には釈放する権利があるわけだから、利益誘導に当たり、違法だ。ただ、「罪を認めたら日本では保釈されやすいというのは事実だ」という言い方ならどうだろうか。

――「保釈されやすい」という言い方は傾向を説明しているかのように聞こえますね。

金岡繁裕(かなおか・しげひろ)/1998年ヴィアトール学園洛星高校卒業、京都大学法学部へ入学。2000年度司法試験合格。2002年10月弁護士登録。2009年10月金岡法律事務所開設。2012年5月事務所を法人化、代表に就任。刑事事件を多く手がける。外国人の在留問題を中心に行政訴訟を常時担当(記者撮影)

検察はそう言うのだ。しかし目の前にいる検察には釈放する権利があることと合わせて考えると、「自白すれば保釈が円滑に行く」というサインだと(被疑者は)受け止める。

ゴーン氏が後で弁護士に「こういう話があったが事実か」と聞けば「残念ながらそれは事実だ。あなたが否認をしていると、あなたの保釈に検察は絶対反対する。そうすると裁判所も大半は保釈の判断をしない」と言うだろう。すると、(保釈による)自由と引き換えに自白を強要されたようなものだとゴーン氏が思うのも無理はない。

私が取り調べに立ち会っていて、ゴーン氏の横にいたらその時点でクレームを入れる。検察に「何を言っているの! それは自白の強要だ!」と注意する。その場で「罪を認めなくても保釈された事例はいくらでもある」とゴーンさんに説明する。私は「この検察官はクビにしろ」と言うだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT