韓国の街並みに見えた「青年失業地獄」の断面

過度な学歴社会が、就職先選びにも影響する

つねに激烈な競争にさらされている韓国の若者たち。彼らの本音とは(写真:ロイター/アフロ)
2019年夏、韓国社会は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近で、法相に任命された曹国 (チョ・グク)氏をめぐる汚職事件で大いに揺れました。中でも、とくに若者の関心を集めたのが曹国氏の娘が韓国の名門大学である、高麗(コリョ)大学に入学する際に起こした不正行為疑惑です。大学入試から就職先までつねに激烈な競争にさらされている若者たちからは、多くの怒りの声が聞こえてきました。朝日新聞編集委員の牧野愛博氏の著書『韓国を支配する「空気」の研究』を抜粋・再構成し、韓国社会に生きる若者たちの本音に迫ります。

私が韓国・ソウルに駐在していたころ、日本から来た知人が出すリクエストは大体、「観光ガイドに載っていない場所に行ってみたい」というものだった。私が連れていく食堂は大体決まっていて、海産物なら鷺梁津水産市場、肉類ならコプチャン(ホルモン)食堂だった。

でも、この2つもだんだん、観光ガイドやテレビ番組で取り上げられるようになって、知り合いから「もう行った」「聞いたことがある」と言われ、あまり通用しなくなった。飲食業やレジャー産業が日本のように発達していないのだ。あってもスターバックスなどの外資が目立つ。ソウル随一の観光名所の景福宮も史跡が残るだけで、京都や奈良のような付随する商店街は存在しない。

きっと、娯楽などを職業にすることへのためらいが、韓国の人々にはまだあるのだろう。また、韓国では毎年、最高気温が30度を超え始める5月になると、夕方から屋外でビールを楽しむ人々の姿が目立ち始める。代表的なおつまみはチキンだ。韓国ではよく、これを「チメク(チキンとメクチュ〈ビール〉の造語)」と言って楽しむ。

韓国人はケンタッキーよりチキン専門店

2013年ごろ、銀行系の研究所が韓国にあるチキン専門店の現状を調べたところ、総数は3万6000余に上った。非登録の店やチキン以外の料理も出す店も合わせると、総数は5万を超えるという指摘もある。世界中のマクドナルドの店舗数を上回る数字なのだという。

おかげで、この国では日本のように「フライドチキン=KFC」という発想がない。クリスマスイブにKFCに客の列ができたところを見たこともない。チキン専門店があふれているから、KFCに韓国人の目が向かない。

競争も厳しい。街を歩けば、すぐにチキン専門店にぶち当たる。たいていの店が深夜まで営業し、配達もするなど、業態も似たり寄ったり。最近の10年間で新たに5万店以上が新規参入したが、チキン専門店の「平均寿命」は3年にも満たない。

次ページなぜチキン屋を始めるのか?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。