ロイヤルホストが3年続けて元日休業できた訳

使い勝手のよい「異日常空間」を目指す

「48時間利用しないため、食材の中には食品衛生上、保存できないものもあり、そうした食材の在庫はゼロにしなければなりませんでした。今まで経験がないので、再開後、安全・安心な飲食がスムーズに提供できるよう、実は半年ほど前から対策チームを立ち上げて、シミュレーションも行っていたのです」

早くから準備したかいもあり、物流面を含めて総じてうまくいったが誤算もあった。

「1月2日にお客さまから『今日はやっていますか?』という電話が殺到し、その対応に追われた店も多かったのです。そうした点も含めて今後の課題にしたいと思います」

再開後の2日から5日まで売り上げも約1割増、人員確保も問題なく配置できたという。

「久しぶりに親戚に会えた」料理長もいた

今回の取り組みには、働き方改革もある。店舗スタッフの感想はどうだったのか。

ロイヤルホスト社長・佐々木徳久氏(撮影:ヒダキトモコ)

「2日連続して休めるので、新幹線で実家に帰った店長もいました。料理長の1人は帰省し、『久しぶりに家族や親戚にも会えた』と喜んでいましたね」(佐々木氏)

佐々木社長自身は例年どおり、元日も営業する一部の店舗を回った。外食の経営者にはこうした人が多く、「お客さんに、店で甘酒を振る舞うのが元日の行事」と話す他社の社長もいた。

それまでロイヤルホストは、従業員に金銭で報いてきた。大晦日と元日に出勤した店舗スタッフは、2018年から社員もアルバイトも「時給(日給)35%増し」だったという。

一方で働き方改革にも取り組む。「各店舗に調理人を置き、店でひと手間かける」が持ち味だが、店内作業の一部機械化も進め「ひと手間」の中身を細かく見直してきた。

ビジネス現場で話題になる言葉に「誰も幸せにならない」がある。例えば、元日から営業する飲食店は便利だが、お客が殺到すると、限られた人員でこなす店はパニック状態になる。

次ページスタッフもお客も不幸
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。