『意思決定力』を書いた本田直之氏(レバレッジコンサルティング代表取締役社長兼CEO)に聞く


 そのためには、コツみたいなもの、テクニックともいえるものがある。それを知ってやれば遠回りをしないですむ。結構、日常の生活の中でトレーニングはできる。そして、大小の意思決定に意識的に取り組めば、いつもトレーニングすることになる。

--壁に当たったことはない?

いっぱいある。しかしそこで止まらない、諦めない。それも実践トレーニングだと思っている。その壁を乗り越えられたときに、また自分のステージやスキルは上がっているものだ。そうなれば、次に同じような壁が立ちはだかったときに、容易に乗り越えられる。

たとえば100メートル競走で9秒台を記録するのは、人間には無理だといわれていた。それが、9・9秒が出たあとは、その年にさらに記録更新が続く。1回超えてしまうと楽なイメージになった。このイメージは大事だ。

それを壁と意識して毎回その前でちゅうちょしていたら、超えることはできない。自分のなかで壁と決め付けると、その状況からなかなか抜け出せないものだ。

サーカスの象の話をご存知か。あれだけ大きい図体で、小さな杭におとなしくつながれている。普通の象の力からすれば簡単に逃げ出せるはずがそうしない。なぜか。子どものときからそういうつなぎ方をされているからだ。子どものときは力がない。おとなになっても、できなかったという経験があるので、もう杭を抜いて逃げようともしない。できないものと決め付けている。

人も壁があったときに、そこでできないと逃げてしまうことを繰り返していると、象の話と同じで、本当は力がついていてやれるのに、それができないことになってしまう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT