インフレVSデフレ、どちらが起業しやすい?

デフレで企業淘汰が進めば、起業は増えるのか

以上は中小企業庁の解説を参考にしたので、興味がある方は、ぜひご参照いただきたい。

もう一度まとめると、それぞれ統計に問題があり、どれが正しいかは微妙なところだ。ただ、(1)バブル期の開業率は、上昇と低下の双方のデータがある。(2)いずれのデータでも、1990年代後半以降開業率はほぼ横ばいである一方、デフレが本格化してからは、廃業率が上昇している。

少なくとも、「廃業率が上昇しても、それが開業率の上昇にはつながっていない」とは言えそうだ。ということは、既存企業の淘汰が進むデフレ不況の方が、起業や新たなビジネス勃興に望ましいというより、成長率が高い好景気の方が(仮に淘汰が少なくても)、開業のチャンスが広がる状況といえるのではないか。

アベノミクスによる脱デフレの成功によって、起業の機会が自然に広がるし、日本経済は活性化するだろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT