日本で外国人留学生がこんなにも目につく理由

30万人計画は達成したが本懐は果たせているか

最近、街中で目立つウーバーイーツを支えるのは?(撮影:今井 康一)

自宅のドアベルが鳴り、インターフォンに出ると、「お届けです」という声が聞こえました。どうやらインターネットで注文したハンバーガーが届いたようです。

配達してくれたのは外国人スタッフのようでした。見た感じでは20代前半の、おそらくはウズベキスタンなど中央アジアからの留学生でしょうか。彼と会うのはそのときが初めてでしたが、こちらはすでに彼の顔も名前も知っていました。なぜなら、私が利用したのは「ウーバーイーツ(Uber Eats)」というフードデリバリーサービスで、ネット上で注文と会計を済ませると、配達員の顔や名前を確認できるのです。

「ウーバーイーツ」は、東京や大阪などの都市圏で流通している外資系の配達サービス。配達専門のスタッフが料理を受け取って、指定の場所まで届けてくれるシステムです。

外国人留学生のスタッフが多い

街中で、大きな箱を背負って自転車を漕いでいるスタッフを見ていると、外国人留学生が多いようです。

ハンバーガーを受け取るときに、玄関先で少し話してみました。

「留学生?」

「はい。日本語学校に行ってます」

「ウズベキスタンから?」

「はい、そうです」

「稼げる?」

「……?」

稼ぐ、という言葉がわかりづらかったようなので、別の言葉で聞いてみました。

「時給は高い?」

「あー、ほかのバイトよりはたぶんいいです。私の友だちは1日2万円お金もらったことあります」

「ウーバーイーツ」の収入は週給の歩合制で、エリアによって歩合の料金システムが違ったりして複雑ですが、オートバイを使っている人などは1日で3万円稼ぐ強者もいるのだとか。

働く時間も自分で自由に決められるので、週に28 時間しか働けない留学生にとっても都合がいいのでしょう。

次ページ今度はタピオカティーを頼んでみた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT