英語で「please」を多発する人に欠けている視点

実は相手を不快にさせることも

「私は英語のハンディのせいで、こんな窮地に陥っている。同僚たちも非ネイティブなのに、どうして彼らはうまくやれるのか?」。そう疑問に感じてから、活躍している「非ネイティブ」を観察しました。

すると、彼らには心がけているルールやマナー、敬語、気遣いなどがあり、「グローバル企業」で生きぬくための英語を、それぞれ独自に探って見つけ出し、実践していることに気がついたのです。ビジネス英語には、非ネイティブが身に付けるべき「絶対ルール」がある。目からウロコでした。

非ネイティブ英語の「絶対ルール」

非ネイティブの語彙は、そう多くありません。ただし、少ない語彙をフル活用しながらも、次の2つのルールを守っていたのです。

〈非ネイティブのビジネス英語・絶対ルール〉
①使えるフレーズを多用し、
②ポジティブで丁寧な言い回しをする

たったこれだけで、「伝わり方」が全然違ったのです。

私が経験してきた「クビの危機」は数えきれません。ここで書ききれないほど何度もありました。そのたびに「非ネイティブ」から得たフレーズを参考に、会議で一言も発言できなかったのがまるで嘘だったかのように、活路を見出すことができたのです。

現在は、アジア統括ハブが多く集まるシンガポールで、マイクロソフト(2度目の転職)で本部長として働いています。駐在の立場ではなく、グローバルの実力主義の世界で、外国人だらけの部署のただ1人の日本人として働くほどに、成長できました。

先ほどの、非ネイティブのビジネス英語・絶対ルール「②ポジティブで丁寧な言い回しをする」については、意外と知らない日本人が多いようです。仕事で評価されている非ネイティブは、「ネイティブが嫌な顔をするような表現」は、絶対にしません。

そこで問題です。AさんとBさんの言葉にどんな違いがあるのでしょうか。

A:I have a big problem.
B:I’m facing a big challenge.
次ページネイティブに印象がいいのはどちら?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。