英語で「please」を多発する人に欠けている視点

実は相手を不快にさせることも

「こんなとき、なんて言えば……」と言葉に詰まることなど、日常茶飯事。気にすることはありません。ネイティブは非ネイティブに対し、英語ができないからと排除するようなことはしません。ただ、残念な英語を使っていることで、印象を悪くしているのは事実です。

私は窮地に立たされるたびに、私と同じ、英語の「非ネイティブ」が目に留まりました。彼らは、私と同じく「英語が母国語ではない」にもかかわらず、グローバル社会で成果を出して、評価されて昇進していったのです。

例えば、「非ネイティブ」は「絶対に企画を通したい」とき、成功に向かって突き進む印象の「launch」を使います。何かをするときには「do」ではなく、最後までやり抜く印象の「execute」を使います。また、グローバル社会では、日本のように断る前提の案件に「検討します」とは言いません。「I can’t accept your proposal」(あなたの提案を受け入れることができません)とはっきり断ります。

非ネイティブが探り当てた英語のマナー

私は、周りを見渡せば見渡すほど、数多くの「非ネイティブ」が試行錯誤しながら、英語の世界で通用する方法を探していることに気がつきました。

『ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』(書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

要所要所で相手が自分のことを応援したくなるようなフレーズを使っていたり、トラブルに見舞われそうなときに回避できるフレーズを使っていたり、「非ネイティブが実践しているテクニック」には目を見張るものがあったのです。

多くの「非ネイティブ」の先人たちは、グローバル社会に飛び込み、トライ&エラーで生きぬく術を見つけてきました。グローバル企業で、「非ネイティブ」が生き続けるために探り当てた、「英語のマナー」があるのです。

それはネイティブが使えば、時にあざとい「英語」だったりします。でも、ネイティブにはやりすぎな表現でも「非ネイティブ」が生きぬくためにはちょうどいい「英語」も存在するのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。