ジャズに最適?「日本一小さい新幹線駅」活用法

"コンサートホール並みの音響"に感動の声も

北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅構内で開かれたジャズ・コンサート=2019年12月(筆者撮影)

雪に覆われた北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)で2019年暮れ、ジャズ・コンサートが開かれた。

大都市なら駅でのコンサートも珍しくはない。しかし、人口2400人と「日本一小さい新幹線のまち」をうたう町の新幹線駅、しかも改札内の小スペースが会場とあれば趣が異なる。新幹線の開業直前の様子は以前、当連載でも紹介した(2016年3月21日付記事「若者を惹きつける『日本一小さい新幹線の町』」)。あれから4年、駅の様子はどうなっているのか。北海道新幹線で出掛けてみた。

改札内がコンサート会場

新青森駅から「はやぶさ15号」で15分、2019年12月15日13時36分に奥津軽いまべつ駅へ到着した。エレベーターでコンコースに上がると、ふだんは静かなフロアがざわめきに包まれている。聴衆は町内の人を中心に30人ほど。会場はJR津軽線をまたぐ連絡通路かと想像していたが、改札内のこぢんまりした空間だった。やがて、演奏が始まった。

この連載の記事一覧はこちら

雪模様の天気に合わせるようにしっとりと、あるいは軽快にリズムを刻んだのは、地元で活躍する「小松由美子トリオ&さくら」のメンバーだ。

2部に分かれて、「A列車で行こう」「ホワイト・クリスマス」など十数曲を披露。見慣れたエントランスが、大きく豊かなステージに生まれ変わった。

次ページ演奏メンバーは津軽各地から
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT