ジャズに最適?「日本一小さい新幹線駅」活用法

"コンサートホール並みの音響"に感動の声も

北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅構内で開かれたジャズ・コンサート=2019年12月(筆者撮影)

雪に覆われた北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)で2019年暮れ、ジャズ・コンサートが開かれた。

大都市なら駅でのコンサートも珍しくはない。しかし、人口2400人と「日本一小さい新幹線のまち」をうたう町の新幹線駅、しかも改札内の小スペースが会場とあれば趣が異なる。新幹線の開業直前の様子は以前、当連載でも紹介した(2016年3月21日付記事「若者を惹きつける『日本一小さい新幹線の町』」)。あれから4年、駅の様子はどうなっているのか。北海道新幹線で出掛けてみた。

改札内がコンサート会場

新青森駅から「はやぶさ15号」で15分、2019年12月15日13時36分に奥津軽いまべつ駅へ到着した。エレベーターでコンコースに上がると、ふだんは静かなフロアがざわめきに包まれている。聴衆は町内の人を中心に30人ほど。会場はJR津軽線をまたぐ連絡通路かと想像していたが、改札内のこぢんまりした空間だった。やがて、演奏が始まった。

この連載の記事一覧はこちら

雪模様の天気に合わせるようにしっとりと、あるいは軽快にリズムを刻んだのは、地元で活躍する「小松由美子トリオ&さくら」のメンバーだ。

2部に分かれて、「A列車で行こう」「ホワイト・クリスマス」など十数曲を披露。見慣れたエントランスが、大きく豊かなステージに生まれ変わった。

次ページ演奏メンバーは津軽各地から
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。