若者を惹きつける「日本一小さい新幹線の町」

本州最北端の新幹線駅がある青森・今別町

奥津軽いまべつ駅舎。タワー部分にエレベーターと階段が設置された、特徴的な橋上駅だ

北海道新幹線開業が3月26日に迫った。木古内、新函館北斗駅が建つ道南は、カウントダウンが大詰めを迎え、開業ムードが高まっている。一方、津軽海峡を挟んだ青森県側にも、本州最北の新幹線駅「奥津軽いまべつ駅」が誕生する。

駅が立地する今別町は人口約2,800人、地元は「日本一小さい新幹線のまち」をうたう。開業時は「はやぶさ」「はやて」13往復のうち7往復が停車し、一部の鉄道ファンやメディアからは「1日何人が乗降するのか」という好奇の視点でみられがちだ。しかし、この町の夏祭りに全国各地から200人もの若者が参加し、地元の人々と交流を深めていることは、あまり知られていない。

人口減少と高齢化が加速する社会で、高速鉄道と地域の暮らしがどのような接点を生み出せるか。今別町の素顔にヒントが潜んでいるように見える。

60年で人口は3分の1に

この連載の過去記事はこちら

今別町は津軽海峡に面し、美しい海岸線と津軽山地の山々に挟まれて、水田や集落が散在する。町の北端、浜名地区には青函トンネルの入り口があり、列車をウオッチできる小公園も整備されている。

半島の突端という地理的条件や雇用の受け皿となる産業の乏しさから、1955年国勢調査で8,000人を超えていた人口は、特に1980年代以降、激減した。1955年-2015年の減少率は66%、つまり60年間で3分の1まで減ったことになる。高齢化率も、最新の2015年2月現在のデータで48.4%と、10年連続で県内最高水準だ。全国ワースト級の人口減少と高齢化に直面している青森県の中でも、今別町はその先端を行く。

視点を変えれば、日本国内の多くの地域が将来、たどり得る姿を先取りしている町でもある。

次ページ青函トンネル開業で環境一変
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。