日本人が知らない、もう1つあった「太平洋戦争」

独立から利権争いに発展してしまった悲劇

戦争はブエノスアイレス州長マヌエル・ドレゴが継続しますが、1828年8月に元々この地に野心のあるイギリスが停戦に介入し、バンダ・オリエンタルを「ウルグアイ東方共和国」という名で独立させることを提案しました。イギリスの提案に両国は渋々合意し、イギリスが漁夫の利を持っていってしまいました。

新生国家ウルグアイでは、独立後すぐに独立闘争の仲間であったリベラとオリベの確執が激しくなりました。リベラ派が赤の記章のコロラド党、オリベ派が白の記章のブランコ党を結成。コロラド党は都市部、ブランコ党は農村部を支持基盤とするようになりました。

ブラジルVSアルゼンチンの代理戦争「ウルグアイ戦争」

そしてこのウルグアイの党派抗争が、アルゼンチンの中央集権派と連邦派の争いと連動。コロラド党は中央集権派、ブランコ党は連邦派のアルゼンチン大統領ロサスと結合しました。1838年7月、ウルグアイでコロラド党のリベラが大統領に就任。しかしアルゼンチンのロサス大統領はこの政権を承認しようとしなかったため、リベラはフランスの支援を得たうえでアルゼンチンに宣戦布告します。ウルグアイ戦争の勃発です。

この戦いでは、序盤はリベラ軍がオリベ軍をアルゼンチン領に追い詰めるも、アルゼンチン軍の介入でリベラ軍はウルグアイ領内に追い詰められていきました。オリベ軍は1845年2月に首都モンテビデオを包囲。リベラは3月にブラジルに亡命しオリベが大統領に就任しました。ここでバンダ・オリエンタルへの野心をいまだに持つブラジルが戦争に介入。アルゼンチンの自由主義者ウルキーサを支援しウルグアイに侵攻させ、1846年2月にアルゼンチン軍を撃破しました。

一方、アルゼンチンのロサス大統領はウルグアイのアルゼンチンへの併合決議を強行したため、ブラジルは先手を打って1851年にウルグアイに介入しオリベを追放、コロラド党のリベラを政権の座に就けました。また、アルゼンチンにも介入しウルキーサを支援。ウルキーサは1852年にロサスを敗走させアルゼンチン大統領に就任しました。

ウルグアイ戦争は結局、ブラジルが支援するコロラド党が勝利するも、その後も両党の争いは終わりをみせず、アルゼンチンとブラジルの介入もあって内乱状態に突入していきます。

次ページブラジルによる近隣諸国への一連の介入は…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT