日本人が知らない、もう1つあった「太平洋戦争」

独立から利権争いに発展してしまった悲劇

現代は交流の盛んな地域の1つである南米ですが、近代化の歴史は以外と知られていません(写真:YNS/PIXTA)
南米は明治以降に日本から多数の移民が向かった先で、現代は交流が盛んな地域の1つです。しかし南米の歴史はあまり学校でも習いません。南米の歴史に対する関心も薄く、南米諸国がスペインから独立して以降にどのような歴史を歩んだか知らない人も多いと思います。『あなたの教養レベルを劇的に上げる 驚きの世界史』の著者、尾登氏に南米の近代化について歴史を流れとともにわかりやすく解説してもらいました。

実は戦争が多かった南米

南米初の独立国はフランスから独立したハイチで、その後1816年にラプラタ連合(アルゼンチン)がスペインから独立、1822年にポルトガルからブラジルが独立し、その他の地域も順次スペインから独立し、1825年までにはギアナやアンティル諸島など一部地域を除いてほぼ独立を達成しました。

しかし独立後の南米諸国は、スペインとポルトガル時代からあった利権や資源が絡む領有権問題をそのまま引き継ぎ、かなり頻繁に戦争が起きていました。

先住民の反乱や党派・政敵同士の内戦を含めるともっと多いのですが、国家間戦争だけを見ても相当な数です。

次ページすべてのはじまり、ポルトガルのバンダ・オリエンタル侵攻
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。