ジェットコースター相場について行けない

ウクライナとか中国とか、言われるけど…

やれやれ、やっと納税資金を確保できた

【2月27日(木)】NYダウは18ドル高の1万6198ドルと小反発。14時40分、平和不動産リート投資法人(8966)を8万1000円で50口売り、49万2289円の利益確定。買いは2013年12月17日公募価格(7万0785円)で。REITの売買は、2回目で2連勝。今回も配当は1度も受け取らないで売ってしまった。売った理由は、高配当を受け取ってもいいのだが、実は納税資金確保の売りなのだ。

今年の確定申告は3月17日月曜日までで、売却代金403万1539円はすべては納税資金に消えてしまう。自己資金も合わせて、支払いのメドがたちホッとした。今年に入ってから、日本の株式市場は手のひらを返したように下げているが、外国人投資家の売りが主な理由だが、昨年相場がよく儲かった個人投資家の納税資金確保のための売りも出ているのではないか? 日経平均は47円安の1万4923円と続落で、木曜日については、なんと8連敗。なんでだろう?

【2月28日(金)】NYダウは74ドル高の1万6272ドルと続伸で、1カ月ぶりの高値。S&P500種は9.13ポイント高の1854.29と史上最高値。ナスダックは26.87高の4318.93と、2000年4月以来の高値だそうだ。しかし、日経平均は82円安の1万4841円と、3日続落。今日は週末、月末で、先週7週ぶりに週足陽線となったが、今週は、先週末(1万4865円)とわずかに陰線となった。

【3月1日(土)】午前3時、日経225先物は、120円高の1万4980円で引ける。NYダウは49ドル高の1万6321ドルと3日続伸。しかし、最近の日経平均はNYダウとは連動しなくなっている場面もあり、注意が必要かも?

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT