ジェットコースター相場について行けない

ウクライナとか中国とか、言われるけど…

優待目的で筆者はビックカメラ株を保有。継続保有すると、買い物優待券が多くもらえる特典も(撮影:今井康一)
アルゼンチン問題が収まった、と思ったら、今度はウクライナ。深刻な問題には違いないのだが、それにしても、日本のマーケットはちょっと揺れ動きすぎのようにも見える。
さて、2月半ばからの約2週間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。「株日記」で振り返って見よう。

リソー教育、買い気配でスタート!

この連載の一覧はコチラ

【2月17日(月)】先週末のNYダウは、126ドル高の1万6154ドルと3ケタの上昇で、堅調な景気指標を好材料に上昇した。先週の10日月曜日の後場と12日、13日と3日連続ストップ安で260円下げ、14日、29円高の320円だったリソー教育(4714)は、買い気配スタートで9時09分、28円高の348円で寄り付いた。終値は330円の10円高。大きく窓を開けて寄り付いたので、日足は陰線となってしまったが、リバウンドした。

同社は、2月本決算企業で期末配当は無配を発表しているが、8月の中間決算では20円配当している。半年くらい経てば、来期の業績や配当金額もわかってくると思うので、しばらくは様子見かな。13時20分、マルハニチロホールディングス(1334)を172円で1000株買う。計6000株保有。昨年の5月23日に213円と214円で保有株計6000株売っている。日経平均株価は、80円高の1万4393円と3日ぶり反発。

【2月18日(火)】NY市場はプレジデントデーの祝日のため、休場。前引けの日経平均は、132円高の1万4526円だったが、12時40分、日銀金融政策決定会合では大規模緩和を維持し、日銀の成長融資倍増と伝わり、後場から大幅高。日経平均は450円高の1万4843円と今年最大の上げ幅となった。

15時40分、優待目的保有の半導体商社のルネサスイーストン(9995)が2月25日から市場変更承認(ジャスダックから東証2部へ)と発表された。3月本決算企業で、優待内容は、年1回3月末、100株保有で1000円のQUOカード1枚、配当予想は3月期末年1回で10円、本日終値412円の3円高。

次ページ相場の上げ下げが、激しすぎやしないか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT