カナダのビットコイン取引所も取引停止

ハッキングで、約60万ドルが消失

3月4日、仮想通貨ビットコインの取引所でカナダに拠点を置くフレックスコインは、ハッキングによって約60万ドル相当のビットコインが消失したことを受けてサービスを停止すると発表。1月撮影(2014年 ロイター/Jim Urquhart)

[4日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインの取引所でカナダに拠点を置くフレックスコインは4日、ハッキングによって約60万ドル相当のビットコインが消失したことを受けてサービスを停止すると発表した。

フレックスコインはウェブサイトで、オンライン上に保管されていた896ビットコインがすべて盗まれたと説明。「当社は資源や資産、そのほかこの損失を取り戻す手段を持ち合わせないため、即座にドアを閉じる」としている。

フレックスコインは司法当局と協力してサイバー攻撃の出所を調査中で、インターネットから切り離された「コールドストレージ」に保管されていたビットコインは利用者に返還する方針を示した。

その後の声明でフレックスコインは、ユーザー間の送金のためのコードの不具合をハッカーは利用、口座間のコイン移動を同時に要求することでシステムに負担をかけていたと指摘。「システムの安全性を高める努力を続け、過去数年にわたり攻撃をかわしてきたが、十分ではなかったようだ」とした。

フレックスコインは2月25日、マウント・ゴックスが経営破綻に先立って取引を停止した際には「われわれは何も失っていない」とコメントしていた。

 

人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。