カナダのビットコイン取引所も取引停止

ハッキングで、約60万ドルが消失

3月4日、仮想通貨ビットコインの取引所でカナダに拠点を置くフレックスコインは、ハッキングによって約60万ドル相当のビットコインが消失したことを受けてサービスを停止すると発表。1月撮影(2014年 ロイター/Jim Urquhart)

[4日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインの取引所でカナダに拠点を置くフレックスコインは4日、ハッキングによって約60万ドル相当のビットコインが消失したことを受けてサービスを停止すると発表した。

フレックスコインはウェブサイトで、オンライン上に保管されていた896ビットコインがすべて盗まれたと説明。「当社は資源や資産、そのほかこの損失を取り戻す手段を持ち合わせないため、即座にドアを閉じる」としている。

フレックスコインは司法当局と協力してサイバー攻撃の出所を調査中で、インターネットから切り離された「コールドストレージ」に保管されていたビットコインは利用者に返還する方針を示した。

その後の声明でフレックスコインは、ユーザー間の送金のためのコードの不具合をハッカーは利用、口座間のコイン移動を同時に要求することでシステムに負担をかけていたと指摘。「システムの安全性を高める努力を続け、過去数年にわたり攻撃をかわしてきたが、十分ではなかったようだ」とした。

フレックスコインは2月25日、マウント・ゴックスが経営破綻に先立って取引を停止した際には「われわれは何も失っていない」とコメントしていた。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT