正月三が日にテレビをあまり見なくなった理由

思い切った冒険できず9割強が既存コンテンツ

また、前述した番組名を見て、「やけに長いな」と感じたものが多かったのではないでしょうか。これは「タイトルの長さでインパクトを与え、他局と差別化して特別感を醸し出し、視聴者に選んでもらおう」としているから。このような長いタイトルが可能なのは、「長時間特番であるほどラテ欄が大きいから」という理由もありますが、裏を返せば「長いタイトルにしなければ見てもらえない」という自信のなさとも言えるでしょう。

かつては、「新春スターかくし芸大会」(フジテレビ系)、「番組対抗かくし芸大会」(日本テレビ系)、「新春オールスター大運動会」(TBS系)、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ系)、「タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ」(フジテレビ系)のような正月三が日にしか見られない風物詩の特番がありました。

また、その他でも「新春初笑い」「笑い初め」とうたわれたものが多く、よほど人気がなければ、あえて放送中の番組を選ぶことはしなかったのです。その意味で惜しいのは、「さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢かなえたろか」(TBS系)。

同番組は1995年から25年連続で1月に放送されていますが、現在の放送日は1月10日前後になり、今年も13日に予定されるなど、正月のイメージがほとんど消えてしまいました。「毎年楽しみにしている」という人も多く、家族で初笑いするにはぴったりの内容だけに、正月特番の少ない今こそ三が日に戻すべきなのかもしれません。

正月はイメージを上げ、顧客をつかむ絶好機

年末以上に年始は、「家族そろってこの番組を見る」という習慣をつけやすいところがあり、テレビ局には「正月ムードを実感してもらう」だけでなく、「家族団らんをサポートする」という社会的な役割が求められています。

また、新たな正月特番を放送して各家庭の定番にできれば、中高年層には「やっぱりテレビは面白い」、若年層は「テレビって意外に面白い」と感じてもらえるでしょう。つまり正月三が日は、テレビに対する視聴者のイメージを上げやすく、新たな視聴者をつかみやすい時期であり、1年のよいスタートを切るためにもオリジナリティーの高い番組が必要なのです。

ここでは新年早々に問題点を挙げましたが、各局のテレビマンが限られた予算、時間、表現の幅の中で試行錯誤しているのは間違いありません。だからこそ「純粋な正月特番は無理」と最初からあきらめるのではなく、局員の英知を結集して予算、時間、表現の幅という問題をクリアした正月特番を模索してほしいのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT