りゅうちぇる「素の自分をきちんと愛する方法」

不登校の当事者たちへのメッセージ

取材した子ども若者編集部のメンバーとりゅうちぇるさん(写真:不登校新聞)  
「自分を愛することが大切」というメッセージを、テレビや音楽活動を通して伝えるりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を踏まえ、不登校の当事者・経験者の悩みに応えてもらった。

――私は小4のころ不登校をしてから、学校へ行かない生き方もあることを知り、自分らしく生きていてよいと思えました。でも、いざ社会へ出ていくと、「自分らしく生きてはいけない圧力」も感じて、否定されたような気持ちになることもあります。一方、りゅうちぇるさんは「自分を愛することが大事」だと発信していますが、どうすれば自分を愛することができるのでしょうか?(29歳・くるみ)

今では「自分を愛することが大事」とよく言っていますが、僕も自分のことを愛せない時期がありました。

当記事は不登校新聞の提供記事です

というのも、幼いころから僕は女の子のような見た目や声、しぐさをしていて、何よりかわいいものが大好き。でも、そのせいで幼稚園のころからまわりにからかわれてきました。

僕が何か話そうとすれば「女みたい」と冷やかされ、大好きなバービー人形を手に取るだけで「おまえは男の子が好きなんだろ?」と言われる。

そのたびにプライドはズタズタ。そういう経験が何度もありました。

僕の恋愛対象は女性で、今でもかわいいものが大好きです。それなのに僕の行動1つで、簡単に性別や性的指向までもが決めつけられてしまう。

「いっそのこと男の子が好きだったほうがラクかもしれない。なんでこんなふうに生まれてきたのだろう。もう死んで生まれ変われるんだったらそれを待つしかない」、そんなことばかり考えていました。

そんな気持ちは家族にも誰にも言えませんでした。中学生に入ってからは本当の自分を隠すために、わざと声を低くして、身振りも控えて、クールな自分を装ったんです。

嫌われたくないし、いじめられたくないからそうしていましたが、心を閉ざして自分を偽ることは、すごくつらいことでした。

メイク姿を隠れて投稿

そんなとき、はじめて居場所ができたのはSNSです。中学3年のころにツイッターがはやり出して、その波にのって僕もアカウントをつくったんです。

そのとき抱えていたストレスをつぶやいたり、土日に隠れてメイクをして自撮りを載せたりしました。そういうふうに自分の逃げ場をつくっていったんですね。

次ページ自分を認めてくれる人がどこかにいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT