仕事の満足度を決める7つの絶対外せない要素

5万人調査から判明!満足度が高い仕事TOP5

仕事の幸福度を決める7つの要素とはいったいなんでしょうか?(写真:tomos/PIXTA)
キャリアの多様化が進み、転職・複業(副業)・独立……と選択肢が増える現代。いまの会社への不満、将来への不安などから転職を考えているものの、「どうすれば後悔の少ない道を選べるのか?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
10万本の科学論文を読破してきたサイエンスライター・鈴木祐氏は、「職選びの際には、『仕事の幸福度を決める7つの要素』を意識すべき」と言う。鈴木氏の著書『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

職探しにおける「視野狭窄」を抜け出す方法

ハーバードビジネススクールが、世界40カ国(日本を含む)のヘッドハンターや人事部門の責任者1000人超に行った調査によると、「就職と転職の失敗は、およそ7割が『視野狭窄』によって引き起こされる」ことがわかっています。「視野狭窄」とは、特定の選択肢にのみ意識が向かい、それ以外の未来の可能性に頭が行かなくなってしまった状態です。

しかし、単に「視野狭窄を抜け出して、いろんな仕事の可能性を考えてみよう!」と言われても、すぐに実践できる人はいないでしょう。特定の会社や仕事に心がひかれた時点で私たちの脳は1点に凝り固まるからです。

例えば、「財布がない!」と思ってさんざん家のなかを探し回った後で、ふと目の前のテーブルに置いてあったのを見つけるような体験は珍しくありません。この現象は、「財布はいつもの棚に置いたはずだ」や「スーツの内ポケットに入れたはずだ」などの先入観により、「目の前のテーブル」という可能性が頭から完全に排除されたせいで発生します。

適職探しもこれと同じで、たいていの人は「この仕事はよさそうだ」と思った直後から思考が狭まり、それ以外の選択肢に目を向けられなくなってしまうのです。このままでは、いつまでたっても最適な仕事は見つかりません。

次ページ仕事の幸福度を決めるポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT