あおり運転にはこの無料ドラレコアプリが効く

AIがナンバーや人、車間距離まで判断する

走行データをスマホカメラが撮影し、AIが車間距離を測定する(写真:ニューラルポケット)

運転中に車間距離を知らせたり、自転車や人が近づくと検知してアラートが鳴り出す──。交通事故防止にはドライブレコーダー(ドラレコ)の搭載が有効だ。しかし実際の利用率は32.1%にとどまっており、55%超が意欲はあるのに搭載していない(2019年10月、ソニー損保調べ)。

搭載率が低いのは、1台2万~3万円という価格にある。とりあえず使ってみたいなら、無料のスマートフォンアプリという選択肢がある。複数ある中で、2019年12月5日、世界初となるAI(人工知能)搭載のドラレコアプリ「スマートくん」をリリースしたのが、AIベンチャーのニューラルポケットだ。

使い方はシンプル。アプリをダウンロードしたスマホを、運転席に設置した市販のスタンドで固定するだけ。現在はiOSのみの対応だが、2020年に向けてAndroid対応も予定している。iPhone8まで動作を確認しており、使い古しの端末をドラレコに転用することもできる。

AI搭載では何がスゴいのか

難点は一方向しか録画できないこと。社会問題化している「あおり運転」の対策には、後方や横も録画できる端末が有効だ。とはいえ、普段の運転サポート機能や事故トラブル時の記録なら、前方だけの録画でも十分だろう。後方を録画したいなら、リアガラスに装着することもできる。

既存のドラレコアプリはいくつかあるが、従来はスマホ内のGPSや加速度センサーを使い、急ハンドルや急加速を検知したり、障害物に近づいたら検知する機能にとどまっていた。

これに対しては、AIの画像認識技術を活用することによって「信号や車だけでなく、歩行者やバイク、バス、トラックまで識別できる。GPSデータと組み合わせて、どの場所でどんなトラブルが起きたのかを記録してくれる」と、開発を担当したニューラルポケットの周涵(しゅう・かん)COOは語る。

走行記録はスマホ内のメモリーに運転日時ごとに蓄積されていく。容量がいっぱいになると、自動的に古いデータから消える仕組みとなっている。

AIがリアルタイムに物体を認識する技術は、特別に珍しいものではない。ただし、多くは画像をクラウド上に送信して分析するため、通信料が負担となる。ドラレコが録画する交通情報のデータ量となると膨大だ。スマートくんの場合は「端末内でAIが分析するので通信料は不要。走行データはWi-Fi環境下で転送できる」(周COO)。

次ページ民間の社有車、自治体も導入に意欲
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。