低インフレ長期化ならユーロ圏回復阻害の恐れ

ラガルドIMF専務理事が危惧

3月3日、IMFのラガルド専務理事はユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。写真は2月撮影(2014年 ロイター)

[ビルバオ(スペイン) 3日 ロイター] -国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は3日、ユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。

専務理事はスペイン北部ビルバオの経済会議で「低インフレ──ECB(欧州中央銀行)の物価安定目標である2%を大幅に下回るインフレ──が長期化するリスクが浮上しており、景気の回復を阻害する恐れがある」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。