低インフレ長期化ならユーロ圏回復阻害の恐れ

ラガルドIMF専務理事が危惧

3月3日、IMFのラガルド専務理事はユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。写真は2月撮影(2014年 ロイター)

[ビルバオ(スペイン) 3日 ロイター] -国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は3日、ユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示した。

専務理事はスペイン北部ビルバオの経済会議で「低インフレ──ECB(欧州中央銀行)の物価安定目標である2%を大幅に下回るインフレ──が長期化するリスクが浮上しており、景気の回復を阻害する恐れがある」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT