ユニクロ、2月既存店売上高は0.8%増

上期の既存店売上高は、前期比2.2%増

3月3日、ファーストリテイリングは、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。ニューヨークで2月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 3日 ロイター] -ファーストリテイリング<9983.T>は3日、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。4カ月連続のプラスとなった。気温が低い日が多く、冬物販売の好調が続いた。既存店の客数は同4.2%減、客単価は同5.2%増。

国内ユニクロ事業の上期(9―2月期)既存店売上高計画2.5%増に対し、実績は2.2%増でほぼ計画通りでの推移となっている。下期は0.5%増の計画。

2月の直営店計の売上高は同3.6%増、ダイレクト販売を含む売上高は同3.5%増となった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。