ユニクロ、2月既存店売上高は0.8%増

上期の既存店売上高は、前期比2.2%増

3月3日、ファーストリテイリングは、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。ニューヨークで2月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 3日 ロイター] -ファーストリテイリング<9983.T>は3日、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。4カ月連続のプラスとなった。気温が低い日が多く、冬物販売の好調が続いた。既存店の客数は同4.2%減、客単価は同5.2%増。

国内ユニクロ事業の上期(9―2月期)既存店売上高計画2.5%増に対し、実績は2.2%増でほぼ計画通りでの推移となっている。下期は0.5%増の計画。

2月の直営店計の売上高は同3.6%増、ダイレクト販売を含む売上高は同3.5%増となった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。