ユニクロ、2月既存店売上高は0.8%増

上期の既存店売上高は、前期比2.2%増

3月3日、ファーストリテイリングは、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。ニューヨークで2月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 3日 ロイター] -ファーストリテイリング<9983.T>は3日、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。4カ月連続のプラスとなった。気温が低い日が多く、冬物販売の好調が続いた。既存店の客数は同4.2%減、客単価は同5.2%増。

国内ユニクロ事業の上期(9―2月期)既存店売上高計画2.5%増に対し、実績は2.2%増でほぼ計画通りでの推移となっている。下期は0.5%増の計画。

2月の直営店計の売上高は同3.6%増、ダイレクト販売を含む売上高は同3.5%増となった。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。