ユニクロ、2月既存店売上高は0.8%増

上期の既存店売上高は、前期比2.2%増

3月3日、ファーストリテイリングは、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。ニューヨークで2月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 3日 ロイター] -ファーストリテイリング<9983.T>は3日、2月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比0.8%増加したと発表した。4カ月連続のプラスとなった。気温が低い日が多く、冬物販売の好調が続いた。既存店の客数は同4.2%減、客単価は同5.2%増。

国内ユニクロ事業の上期(9―2月期)既存店売上高計画2.5%増に対し、実績は2.2%増でほぼ計画通りでの推移となっている。下期は0.5%増の計画。

2月の直営店計の売上高は同3.6%増、ダイレクト販売を含む売上高は同3.5%増となった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。