梅宮辰夫が最後に残した「テレビ界に思うこと」

「キムタク救出伝説の真相」はこんな話だった

梅宮辰夫さんが生前最後に残したテレビ界への直言とは?(写真:©能美潤一郎・双葉社/『不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚』)
12月12日、「昭和のスター」がまた1人、この世を去りました。梅宮辰夫さん(享年81歳)。『不良番長』『仁義なき戦い』など数々の名作映画に出演してきた梅宮さんは、生前の最後に著作『不良役者 梅宮辰夫が語る伝説の銀幕俳優破天荒譚』(20日発売、ネット書店など一部書店では18日から発売)を書き上げていました。伝説の役者たちの破天荒話と昭和映画界の荒々しい裏側をつづった豪快な秘話が詰まった本書から「今のテレビ界に思うこと」「キムタク救出伝説の真相」の章を抜粋、一部再構成してお届けします。
【編集部より】梅宮さんのご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

「梅宮伝説」は現実とはまるで違うケースがほとんど

芸能界には「梅宮伝説」が、いくつもある。梅宮辰夫が、こんなことをやった、あんなことをしでかしたと面白おかしく語られ、それが映画ファンの間で、いつの間にか広まっているようなんだ(笑)。

こういう話を俺自身は、まるっきり気にしていない。どうぞ、ご自由に、どんな話でも伝説でも作ってくださいというのが正直な気持ちだよ。

だって、役者というのは人気商売だから。ファンの間であれこれ語られ、話題になるなんて、むしろ歓迎すべきだろう。

まあ、「伝説」の真相は現実とはまるで違うケースがほとんどなんだけどな。

山城新伍の創作した「梅宮伝説」にこんなのがある。

「おい、兄弟、杉村春子って、誰なんだ?『不良番長』に出てたっけ?」

そう俺が言ったというんだ。あいつにしたら、梅宮辰夫は東映以外の役者は知らない、自分が主演した映画に出ている女優以外は関心がないって、面白おかしく言いたかったんだろうけど、さすがに俺も天下の大女優・杉村春子さんを知らないはずがない。

真相は、こういうこと。

たまたま、映画の撮影の合間に新伍が杉村春子さんの話をしてたのかな。このとき俺は、なぜか杉村さんじゃなくて水谷八重子の顔が思い浮かんだ。年齢は俺より少し下。甘ったれたセクシーな声がいいんだよ。つまり、俺の頭の中にはもともと水谷八重子っていう女優を素敵だという思いがあり、それで、なんとなく勘違いしていたというわけさ。

そんなだから、新伍と話が噛み合うはずがない。

「辰ちゃん、誰の話をしてるんだよ。あっ、杉村春子さんを知らないんだ」

「えっ、水谷八重子の話じゃなかったのか。もちろん、杉村春子さんのことは俺だって知ってるよ」

こういうやりとりを新伍が巧みに膨らませて、ネタに仕立てたわけさ。「『不良番長』に出てたっけ?」なんてセリフは、あいつでないと思いつけない(笑)。

さらに、こんな「梅宮伝説」もある。ちょうど、俺がテレビにも出演するようになった頃だったかな。

次ページ「新伍、視聴率って何だ?」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT