ヒトの便を解明する元サッカー日本代表の野望

鈴木啓太38歳、19年秋大手企業から3億円調達

元サッカー日本代表MFでJ1・浦和レッズで活躍した鈴木啓太氏(筆者撮影)

アスリートの便を解明して人々の健康増進に役立てようとする男がいる。

元サッカー日本代表MFでJ1・浦和レッズで活躍した鈴木啓太氏(38)だ。現在、アスリートの腸内環境の解析を手がけるスタートアップ「AuB(オーブ)」で代表を務めている。

Jリーグが開幕25周年を迎えた2018年、鈴木氏はサポーターから、“スタジアムに応援に行くのは疲れる”という声を聞いた。

「もうあれから25年も経ちましたからね。サポーターも高齢化していて足が遠のいてきているんです。それならば、疲れないような健康な身体になってもらえばいい」

食事・運動・睡眠の重要性を考えるうえで、アスリートの腸内にこそ、健康のヒントが隠されているのではないかと鈴木氏は考えている。アスリートの腸内細菌を研究・解析するメリットをこう語る。

「膨大なサンプルを集めてデータ化するにしても、どうスクリーニングし、セグメント分けして調査するかが極めて重要です。その点、アスリートの便に付随するデータは、とがっていて非常にわかりやすいというメリットがあります」

腸活アスリートだった現役時代

アスリートが引退後に、研究事業に足を踏み入れるケースは非常にまれだ。鈴木氏は、なぜアスリートの腸の研究を行うことにしたのだろうか。

「研究事業は時間もお金もかかるし、ほかの人にはオススメはできません。でも、僕には腸を大切にしてきたというストーリーがありますし、やるなら僕なのかなと。一生懸命に頑張って上り詰めたアスリートの腸が、世の中のためになるというのはロマンがある話ですよ」

鈴木氏は現役時代、「お腹でコンディショニングを作っていた」と話すほど、腸内環境の重要性を早くから認識していた選手だった。調理師だった母親の影響で、幼い頃から、毎日自分の便を見て体調を把握した。高校生になると、乳酸菌のサプリメントを携行。海外遠征には必ず緑茶と梅干しを持参するなど、独自のコンディショニングを行ってきた。

次ページアスリートの腸を社会に生かす
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT