能町みね子「オカマだけどOL」からの大転換人生

行き着いたのは「恋愛関係のない」結婚生活

能町さんは北海道で産まれた。

北海道には5歳頃までしかいなかったが、当時の記憶は残っているという。

「生まれつき心臓に先天性の病気があって、3~4歳の頃に手術をしてるんです。その時の記憶が強く残っていますね」

そして5歳の頃に、茨城県の牛久市へ引っ越した。幼稚園の年長になってからの転園だった。

「当時、立ち小便器でオシッコをする時、ズボンを全部脱がないとできない子だったんです。それを同級生に見られるのが嫌で、オシッコができなくなって我慢してたんですけど、結局漏らしちゃっていました。

そんなこともあって、クラスメイトからはネチネチとイジメられました」

幼稚園から小学校に上がる時に、能町さんはある決意をした。

「小学校に入ったら勉強で見返してやる、と思いました。幼稚園の頃から、字も絵もかけて親からも褒められていたので、

『たぶん、こいつら(クラスメイト)より勉強できるぞ』

という自信があったんですね」

その決意を胸に…

小学校に入ると、案の定成績はとてもよかった。

「少してんぐになりました。ただ、勉強ができることをひけらかしていると、

『これはこれでイジメられるな』

という予感を感じました。心臓手術の影響もあり、体育だけはできなかったですし。

心を入れ替えて、イジメられないように考えて行動するようになりました。

あんまりまじめぶらないように、ちょっとふざけたり、お調子者の友達とも付き合ったりするようにしました。幼稚園の時にいじめられたせいか“いじめられない術”みたいなのをなんとなく会得していました。小学生時代は、平和な時期でしたね」

次ページ成績優秀だった中学・高校時代
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。