「デパス」に患者も医者も頼りまくる皮肉な実態

「薬で解決したい」要望を受け処方も気軽に

高齢者でデパス(エチゾラム)が多用されている現状。その具体的な実態については、首都圏で10カ所の在宅クリニックを有し、在宅医療に取り組んでいる医療法人社団悠翔会(本部・東京都港区)に所属する精神科医の中野輝基氏が語ってくれた。

医療法人社団悠翔会(本部・東京都港区)に所属する精神科医・中野輝基氏(撮影:村上和巳)

「私たちはほかの医療機関からの紹介で患者さんを担当することがほとんどですが、その中ですでにデパスを長年服用してきた高齢の患者さんではなかなかやめられない、いわば常用量依存と思われるケースは比較的目立ちます。

もともと高齢者では多すぎる薬を服用している多剤併用の問題が指摘されていて、私たちは積極的に減薬に取り組んでいますが、その際に患者さんから『デパスだけはやめないでほしい』とよく言われます。中にはすでに私たちに受診する前の医療機関で減薬されてデパスの中止に至ったはずの患者さんが、担当医が変わったこともあってか『もう一度デパスを出してほしい』と言い出すような悩ましいケースもあります」

精神科医として新たにデパス(エチゾラム)を処方することはほとんどなく、従来デパス(エチゾラム)が処方されやすかった不安の症状がある人には、精神科で標準治療とされる選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる薬をまず選択する。実際に担当するデパス(エチゾラム)服用患者は前述のようなほかの医療機関で処方されて長年服用している人たちだ。

「日本では精神的な問題を抱えた患者さんが最初から精神科を受診することにある種の偏見や心理的ハードルがあることは少なくありません。このため不安の症状があっても精神科ではなく、まずかかりつけの内科に行きます。そこで意外と簡単にデパスが処方されてしまうのです。

ただ、デパスも含むベンゾジアゼピン受容体作動薬は薬が効きにくくなる耐性が生じやすく、その結果、次第に量が増えてダラダラと続きやすくなります。最終的に定められた用法・用量の上限に達して手に負えなくなり、私たち精神科へ紹介されてしまう、いわば『敗戦処理』のようなことがよくあります」

中野氏によると、一般内科や心療内科を標榜する医療機関では必ずしも精神科領域での診療経験が十分でないこともあり、依存性の問題を深く考えずに不眠や不安を訴える患者が受診した際に、定型的にデパス(エチゾラム)を処方する事例は数多く経験するという。

心療内科と精神科の違いを知っていますか

ちなみに心療内科は一般にもよく耳にする診療科だが、精神科と混同されて正確に理解されていないことも多い。精神科はまさに不安やうつ病、統合失調症など精神、すなわち心の症状に対応する診療科で、心療内科は精神的なトラブルが原因で胃痛、頭痛、吐き気や倦怠感のように直接身体に出る症状に対処する診療科である。

この心療内科については、大都市部で複数診療科を掲げるクリニックの中で、その1つに標榜されているのをよく目にする。これの背景に医師がクリニックを開業時に関与するコンサルタントが、心療内科を掲げると精神科受診にハードルがある患者が集まりやすいことから標榜を勧めるとの噂が絶えない。

この点についてコンサルタント業界に詳しい50代の男性は次のように説明する。

「開業時の標榜診療科については開業支援コンサルタントが介入することよりも、医師本人の希望に沿っていることがほとんどです。ただ、医師が複数診療科を掲げて開業しようとするときにその1つとして心療内科は標榜されやすいのは確かです。

というのも心療内科以外の診療科を専門としている医師も、心療内科が担当するような、検査で異常は見られないのに本人が症状を訴える、いわば不定愁訴の患者を診療している経験がそこそこにあるからなのです」

次ページ高齢でも熟睡を求めること自体が無理筋
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT