「10代の誘拐」がツイッターで相次ぐ悲しい理由

現実よりもネットの人間に心を許す子供たち

そもそも子どもたちの世界は、学校と家を中心とした狭いものだ。さらに、友人同士でオフラインでもオンラインでも密接につながりあっている。

失言すると拡散されてしまい、一瞬で自分の居場所を失うリスクに脅かされているため、ツイッターでは複数のアカウントを使い分け、自分の本音を学校の友達に明かさない子は多い。

クラスの友達には無難なキャラクターを演じ、本音は裏垢、趣味は趣味垢、中学の友達とは中学垢、高校の友達とは高校垢で付き合うというのが一般的なのだ。

ある女子高生からは、「ネットで顔も知らない人なら、本音をぶつけられる」と聞いた。「いざとなったらブロックすればいいし、何を言っても拡散されたりしない」のが大きな理由だという。

「学校には本音を言える友達はいない。自分も言おうとは思わない」と彼女は言い切る。以前、クラスメイトに「声優になりたい」と何げなく教えたところ、知らない間に拡散されて笑いものにされていた経験がトラウマになっているという。

現実よりもネットの相手を信頼する理由

また、彼ら彼女らが「大人とは違う感覚」を持つことも原因の1つかもしれない。10代の子どもたちにとって、ネットとリアルの境界は薄い。「ネットでやり取りすれば、もう友達」「ネットでやり取りすればいい人かどうかわかる」と多くの子どもがいう。

確かに友達には言いづらいことも、ネットの知り合いには告白しやすい。人間関係のしがらみもないし、友人間に噂が広まる心配もない。しかも、普段人に言えないことを打ち明けることで、お互いの心の距離が縮まったように感じがちだ。

「会ったことがないネット内彼氏・彼女」がいるという10代もいる。「周りの友達とかには言ってないことも何でも言えるし、LINE通話もよくしているから、お互いに彼氏、彼女だと思っている」というのだ。

次ページ「オンラインゲーム」の危険性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT